주요 기사 바로가기

菅官房長官「安倍首相の真珠湾訪問、謝罪のためではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.07 08:23
0
安倍首相は26、27日の米国真珠湾訪問に関し「真珠湾、アリゾナ記念館を訪問し、犠牲者の慰霊のためであるが、二度と戦争の惨禍を繰り返さない、未来に向けてその強い意思と決意を世界に向けて発信したい」と述べた

NHKによると、安倍首相は6日、訪日したカーター米国防長官との会談でこのように述べた。これに対しカーター長官は「オバマ大統領をはじめとして我々は心の喜びとしている。双方が平和において確固たるコミットメントを示すものになると思っている」と述べ、歓迎の意を表した。

菅義偉官房長官はこの日の定例記者会見で、「今回の訪問は戦没者の慰霊のためであって、謝罪のためではない」とし「未来に向け強固な日米同盟を再認識するとともに、日米同盟が希望の同盟としてアジア太平洋地域、国際社会の平和と繁栄に貢献するものであることを世界に力強く発信する機会になる」と述べた。

岸田外相も記者らに対し、「今回の訪問は慰霊のためであり、未来に向けて二度と戦禍を繰り返してはならないという強い意思を示し、日米の和解を示すものだ」と述べた。

旧日本軍は1941年12月7日のハワイ真珠湾奇襲攻撃で太平洋戦争の道に向かった。日本政府のこうした立場は、安倍首相の真珠湾訪問が太平洋戦争の責任を認めるものと受け止められ、国内の極右勢力の反発が予想されるためとみられる。

安倍首相は真珠湾訪問中、日本海軍の艦載機攻撃で沈没した戦艦アリゾナの追悼施設「アリゾナ記念館」をオバマ米大統領とともに訪問する。続いて記念館に献花し、所感を述べると、日本メディアは伝えた。オバマ大統領は安倍首相と最後の首脳会談をすることになる。日本政府はオバマ大統領が年末にハワイで休暇を過ごす日程を事前に把握し、真珠湾への同行を水面下で打診したことが確認された。

ホワイトハウスは5日の声明で「2人の指導者のハワイ訪問は、過去の敵国が共通の利益と価値共有によって最も親密な同盟関係に転換した和解の力を見せる」と述べた。米国務省幹部は朝日新聞に「オバマ大統領が広島訪問し、安倍首相が真珠湾を訪れる。これによって本当の米日和解が実現する」と述べた。第2次世界大戦当時に収容所に抑留された日系米国人ノーマン・ミネタ元運輸長官は「安倍首相の真珠湾訪問はわだかまりが続いた歴史に幕を引くことになる」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP