주요 기사 바로가기

「2016年大韓民国100大ブランド」…ギャラクシー1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.06 13:12
0
サムスン電子のスマートフォンブランド「ギャラクシー」が、「ギャラクシーノート7の生産中断」という大型悪材料にもかかわらず、今年の韓国最高ブランドに選ばれた。ブランド価値評価会社ブランドストックは5日、「2016年大韓民国100大ブランド」を発表した。サムスンギャラクシーはブランド価値評価指数BSTI(BrandStock Top Index)で1000点満点のうち924.2点を受け、6年連続で1位になった。しかし前年度の点数(934.7点)より10点以上も低かった。2位はイーマート(908.7点)、3位はカカオトーク(906.3点)。

今回の評価は今年1月から11月まで計230余部門の代表ブランド100余件を対象にした。ブランドストック証券取引所の模擬株式取引を通じて形成されたブランド株価指数(70%)と定期消費者調査指数(30%)を反映して総合点数を出した。

今年は社会に大きなイシューを起こした事件がブランド価値に影響を及ぼした。多国籍インターネット検索企業のグーグル(14位)は上半期のアルファ碁症候群を受け、昨年よりブランド価値順位が20階段も上がった。グーグルはスマートフォンOSのアンドロイドのほか、スマートカー・人工知能(AI)・グローバル無線インターネットなどに事業を拡張し、今後、持続的なブランド価値上昇が予想されるというのが、ブランドストック側の説明だ。

逆に検察の捜査など悪材料でブランド価値が下落した事例もある。系列会社全体が大々的な捜査を受けたロッテグループは関連ブランド価値が全般的に落ちた。昨年6位だったロッテワールドアドベンチャーは8位に下がり、ロッテマート(21位)、ロッテリア(58位)、ロッテレンタカー(74位)も順位が落ちた。ロッテホテルとロッテ免税店は100位内に含まれなかった。

KTも昨年の10位から今年は32位へと大幅に下落した。従来のブランドだったオーレ(olleh)から会社ブランドのKTを前面に出す政策の変更が影響を及ぼしたという分析だ。

最も成長の勢いが目立つブランドは現代自動車の大型車ブランド「ジェネシス」だ。昨年末にプレミアムブランドになると100位内に入り、一気に31位にまで上がって自動車部門1位となった。輸入車は昨年最も成績が良かったBMWが44階段落ちて75位になるなど、全般的なブランド価値が下落した。

ブランドストック側は「昨年、航空機の回航、MERS(中東呼吸器症候群)事態などの大型悪材料で停滞した大韓航空(16位)とサムスンソウル病院(29位)のブランド価値が回復傾向にある」とし「このほか、韓国国内売上高1兆ウォン(約1000億円)のユニクロ(53位)、中国市場進出を始めたハンセム(59位)の成長が目立つ」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP