주요 기사 바로가기

中国「限韓令」の影響、韓流テーマ株もふらつく(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.22 09:54
0
中国当局が韓国製ドラマ・映画・芸能番組の放映、韓国芸能人の中国広告出演を禁止する限韓令(韓流禁止令)を下したという中央日報の報道後の影響が激しい。

代表的韓流テーマ株であるYGエンターテインメントの株価が6.9%、SMエンターテインメントの株価が8.16%下がったのをはじめ、最近中国事業に力を入れている三和(サムファ)ネットワークスが11.96%、チョロクベムメディアが8.03%下落するなど、番組制作会社の株価も一斉に下落した。ある芸能事務所関係者は、「所属アイドルグループの中国進出を本格的に始めるところだったが当分保留した。ファンサービス次元からひとまずウェイボーだけ運営することにした」と伝えた。

中国の芸能番組『パパ、どこ行くの? シーズン4』に出演している歌手ファン・チヨルさんの関係者も「先週金曜日の5回目の出演分が1~4回目の平均に比べ明らかに減った」と話した。ファンさんは8月に浙江衛星テレビの芸能番組『挑戦者連盟シーズン2』にも出演したが、出演シーンが編集されたりモザイク処理された。

先月25日に中央日報で報道された「韓国に行く中国人観光客を20%減らせ」という中国政府の方針ですでに一度5~6%の株価下落を経験した化粧品会社などの株価もやはり今回3~5%下がった。

まだ中国市場に定着できていない中小ビューティー・ファッションブランドは当惑している。来年に流通網拡大に向け中国企業から投資を約束された状態だった化粧品ブランドA社の代表は「先月から中国の会社が投資契約を先送りしている。中国当局の顔色をうかがったものではないか…」と心配した。あるファッションモール関係者は「衣装を協賛した韓国ドラマの中国国内での放映が取り消された」と話した。児童用教材会社の1社は中国進出を目標に作った広告を最近撮り直した。この会社の関係者は「現地の会社から広告内容から韓国色を消すようにという公文書を受けたと聞いた」と話した。

中国で韓国製品をマーケティングしている2ABのキム・ソンシク代表は「ある化粧品は6カ月前から、近く出ると言われていた衛生許可を受けられずにいる。最近では許可を申請して1年以内に衛生許可を受けるのは難しいというのが中国流通業界の話だ」と述べた。
中国「限韓令」の影響、韓流テーマ株もふらつく(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国「限韓令」の影響、韓流テーマ株もふらつく(1)

    2016.11.22 09:54
    뉴스 메뉴 보기
    「限韓令」のニュースに中国市場を狙った中小ビューティー・ファッションブランドがあわてている。中国の行商人でにぎわっていたソウル・禾谷洞の化粧品卸売流通団地は最近客足が落ち込んでいる。
    TOP