주요 기사 바로가기

<韓国・100万人集会>4度目の集会、連行者出さず20日午前1時に終了

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.20 09:31
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)に続くソウル・内資洞(ネジャドン)ロータリーで19日午後8時から警察とにらみ合っていた4回目のろうそく集会参加者が20日午前1時ごろに全員解散した。これにより19日にソウルのほか光州(クァンジュ)や済州(チェジュ)など全国各地で開かれた4度目のろうそく集会が終わった。

ソウル・光化門(クァンファムン)に集まった集会参加者は19日午後8時ごろから内資洞ロータリーに集まり一時緊張が高まった。参加者が一気に集まり非常線が崩れたりもしたが警察との衝突はなかった。

集会参加者はほとんどが警察車両が作ったバリケードを前にして座り込み、20日午前1時ごろまで「朴槿恵(パク・クネ)を拘束せよ」「セヌリ党は解体せよ」「下野せよ」とんだ。

しかし公式な集会許可時間である19日午後11時59分を前後して集会参加者らは自発的に解散し始め、20日午前1時ごろに全員が帰路につき19日に全国各地で開かれた4度目のろうそく集会は終えられた。

この日の集会は12日の3度目の集会の時の主宰側推定100万人(警察推定26万人)が集まった過去最大のろうそく集会よりは落ち着いたものになると観測された。しかし全国から集まった人員は主宰側推定で95万人(警察推定26万人余り)だった。

ソウルが60万人、地方が35万人だ。警察はソウルに17万人、ソウル以外の70地域で9万2000人余りの26万人余りが集まったと把握している。

このように集会参加者が前回に比べ大きく減っていないのは、朴大統領が検察の対面調査に応じず、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の娘チョン・ユラ氏の入試などでの不正と関連した疑惑が教育当局の監査で相当部分が事実と明らかになった余波とみられる。また2017年度大学修学能力試験が終わったことも原因に挙げられる。

前回と同水準の人波が集まったが、今回の集会と関連し警察に連行された人は1人もいなかった。前回の集会では連行者が23人いた。警察はこの日、集会に備え202個中隊1万6000人を投じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP