주요 기사 바로가기

韓国と中米6カ国のFTAが妥結

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.17 09:49
0
韓国の経済領土が中米に拡張される。産業通商資源部の周亨煥(チュ・ヒョンファン)長官は16日にニカラグアで中米6カ国(グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル、ホンジュラス、コスタリカ、パナマ)の通産相とともに「韓国・中米自由貿易協定(FTA)交渉が実質的に妥結した」と公式宣言した。

昨年6月の交渉開始から1年5カ月ぶりだ。双方は今後法律検討などを経て来年上半期中に正式署名することにした。韓国はアジアで初めてこれら6カ国と同時にFTAを結ぶことになった。これに先立ち米国、欧州連合(EU)などがこれらの国と共同FTAを締結している。

中米6カ国は自動車や鉄鋼など韓国の輸出品のうち品目数基準で約95%に対し関税を撤廃することにした。コスタリカは自動車に対する関税をFTA発効と同時になくす。残りの国も発効後5~10年以内に自動車の関税を相次いで撤廃する。また、冷延鋼鈑など鉄鋼製品に対しても6カ国すべてが発効後10年以内に関税をなくす。現在これらの国は韓国製自動車に最高30%、鉄鋼製品に最高15%の関税を課している。

代わりに韓国はコーヒー、原糖(サトウキビ樹液)に対し発効と同時に関税を撤廃する。牛肉は国によって発効後16~19年、豚肉は10~16年後に無関税で輸入する。コメ、ニンニク、タマネギなどは関税撤廃縮小対象から除外された。

今回のFTAが発効されれば自動車と消費財などの輸出が増えると期待される。韓国貿易協会は「韓国・中米FTA推進と輸出有望品目」と題する報告書を通じ、「今回のFTAで中米自動車市場でのシェアが拡大するだろう。食品など消費財輸出も増加するだろう」と明らかにした。

韓国と中米6カ国間の貿易額は昨年基準で40億5000万ドルだ。2009年に65億7000万ドルで最大水準を記録してから減少傾向だ。6カ国の昨年の国内総生産(GDP)は2247億ドル、人口は4420万人だ。

周長官は「成長潜在力が大きい中米諸国とのFTAを通じ中米市場進出の橋頭堡を確保することになった。韓国企業の輸出と投資が活性化するだろう」と話している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP