주요 기사 바로가기

【コラム】朴槿恵大統領が愛用したビタミン注射・点滴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.15 11:12
0
タナ医院〔ソウル陽川区(ヤンチョング)〕・ソウル現代医院〔銅雀区(トンジャクク)〕・チャウム医院の共通点は? ビタミン注射・点滴の乱用だ。チャウムは朴槿恵(パク・クネ)大統領と崔順実(チェ・スンシル、60)・スンドク(64)姉妹が利用した。

朴大統領が慢性疲労症候群(ウイルス感染後疲労症候群)患者であったかは定かではない。ただし、少なからずビタミン注射・点滴を受けていたようだ。当選前はチャウムで注射・点滴を受けていた。大統領諮問医師のキム氏(家庭医学科)はメディアインタビューで「月に一度ほど青瓦台(チョンワデ、大統領府)で栄養注射・点滴を受けていた」と話した。また、必要に応じて青瓦台医務室に注文を入れ、医務室に(ビタミン剤を)常備していたという。代理処方の痕跡も明るみになった。チェ姉妹がチャウム医院の診療記録簿に「青(チョン)」「安家(アンガ)」「代表(テピョ)」と表記して処方を受けていた。朴大統領は2012年大統領選挙の時、がん・脳疾患など4大重症疾患の100%保障を公約した。重症疾患診療費の75%水準である健保保障率を2016年までに100%に引き上げると約束した。これに合わせて健保を拡大してきた。政府のある関係者は「非給与(非保険)の縮小を強調しながら、その大統領本人が非保険注射・点滴を受けていたというから皮肉だ」と話した。年間数兆ウォンの健保財政を新たに投じても全体健保保障率は数年間63%前後にとどまっている。急増する非保険診療費のせいで庶民の医療費に対する苦痛は相変わらずだ。

ビタミン注射・点滴は代表的な非保険診療だ。費用3万~10万ウォン(約2775円~9250円)全額を患者が負担する。医療機関は白玉・ニンニク・カクテル・ビヨンセ・シンデレラなどの派手な名称を使って誘惑する。効果は未知数だ。一部では根拠資料があると主張しているが、相当数の専門家は検証されていないと指摘する。体の疲れが取れてすっきりした気になるが、これは点滴時間(30分~1時間)の「休息効果」のためだという指摘もある。価格を自分たちの好きなように上げ下げして、需要が増えると、2013年以降、製薬会社の新製品発売が急増した。美容手術医薬品(ボトックスを含む)は年間1000億ウォンを越える。医療機関も我も我もと参入している。チャウムは仮にも大学病院であるチャ病院系列の医療機関であるにもかかわらず熱心にビタミン注射・点滴を勧めた。

ビタミン注射剤は統制の手が入っていない市場だ。大韓皮膚科医師会が今月初め「シンデレラ注射など患者を幻惑するような商業的な名称を使わず、未検証の治療は自制する」と決議したのは幸いといえば幸いだろうか。ほとんどのビタミン注射剤は食品医薬品安全処の許可範囲を超えて使われる。英国・オーストラリアなどは医薬品許可範囲外の使用基準および医師責任ガイドラインを作って活用している。韓国政府がいつまで放置するつもりなのか分からない。

シン・ソンシク/論説委員兼福祉専門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP