주요 기사 바로가기

「味にうるさく流行リードする韓国で開発したシリアルを輸出すれば人気に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.14 13:05
0
「シリアルの3つの要素である、栄養、味、手軽さのうち、韓国の消費者は特に味を重視します。そのため韓国で開発した製品を他の国にも輸出して人気を集めています」。

世界1位のシリアル会社ケロッグでアジア太平洋地域代表を務めるアミット・バンティ氏(48)は「韓国の消費者は好みにうるさく、流行をリードするためアジア地域での韓流人気と合わさりとても注目する市場だ」と話した。先月25日にソウルのケロッグ・コリア本社で行われた中央日報との単独インタビューでのことだ。

――韓国の製品は海外で人気があるか。

「韓国で開発した網目型チョコレート味シリアルの『チョコチェック』は中国で特に人気がある。9月までに京畿道安城(キョンギド・アンソン)の工場で作った534トンを中国に輸出した。東南アジアや日本でもよく売れている。昨年末にオーストラリアに輸出を始めた『グルテンフリー玄米フレーク』はグルテンの蛋白質成分をうまく消化できない現地の人たちに『最も革新的なシリアル』に選ばれた。シリアルではないがピンク色の筒型パッケージ入った甘い味のポテトチップ『プリングルス・バターキャラメル』 は観光客の口コミにより現地で関心が高まり先月から台湾に輸出している」

――韓国ではまだ「ごはんとおかず」を食べることがまともな食事という認識がある。

「知っている。だが朝食を抜く人が多いのではないか。朝食を抜くと昼食と夕食でも栄養を補充しにくい。シリアルは食事代用食として開発したため栄養素がバランス良く含まれており、食べるのも手軽だ。共稼ぎ夫婦と1人暮らし世帯も増えているだけにシリアル需要は増えるとみている。1人用小包装製品と牛乳だけかければすぐに食べられるカップ入り製品も出した」

――シリアルはとても甘いという指摘も多い。

「コーラに比べれば砂糖含有量は3分の1にもならない。菓子形態のシリアルも作った。一般の菓子に比べ栄養素もバランス良く入っており糖分も少ない」

バンティ代表は「フレークや有機農製品などシリアルの種類は非常に多様だが、韓国では味を重視する。オーストラリアでは牛乳の消化がうまくできない消費者のためにココナッツウォーターと混ぜて食べられるシリアルを出し、韓国ではヨーグルトと一緒に食べる製品や、ラインフレンズのキャラクター製品を出すなど多様な努力をしている」と強調した。

彼は「韓国の消費者は忙しいため持ち歩いて食べられる製品が好まれる。世界的に若い世代の食生活は1日3食を食べるよりは簡単なスナックを何度も食べるスタイルに変わっていることとも脈が通じる」と話した。ケロッグがシリアルをスナック形態で作った新製品を相次いで出した理由だ。

インド出身であるバンティ代表は「アジア太平洋地域には40億人の消費者がおり、この地域の国内総生産(GDP)は世界の30%に達するが、ケロッグの売り上げは7%にしかならない成長潜在力がとても大きい市場だ。新しいものを早く受け入れる韓国市場をテストマーケットとして市場を広げていくだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「味にうるさく流行リードする韓国で開発したシリアルを輸出すれば人気に」

    2016.11.14 13:05
    뉴스 메뉴 보기
    ケロッグ・アジア太平洋代表のアミット・バンティ氏は「韓国で開発した製品を世界に輸出する」と明らかにした。(写真=ケロッグ)
    TOP