주요 기사 바로가기

【社説】朴大統領、権力の未練を捨てて決断を

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.08 14:40
0
詩人の趙炳華(チョ・ビョンファ)はおそらく韓国で最も短いと思われる詩「天敵」でこのように書いた。「結局、天敵は自分だったのだ」。朴槿恵(パク・クネ)大統領は自分が犯して崔順実(チェ・スンシル)が背後にいた権力私有化事件とその後の国民の抵抗を見ながら、趙炳華の詩を胸に刻んでほしい。問題は崔順実ではなくて大統領自身だった。お金と権力と地位をすべて崔順実一家が蝕んだことより空しいのは、有権者の一票一票で集めた神聖な国家権力をあのように貪欲な民間人にまるごと渡したあきれる主権再委任行為だ。

崔順実に判断力を操られた大統領の精神構造は今もそれほど変わっていないようだ。朴大統領が最近、国の元老と宗教指導者に会っているが、この人たちが苦言をしても本人の判断力が作動しなければすべて無駄になる。自分の過去の習慣・態度・人脈を敵と戦うようにすべて取り除いてこそ、世の中の正しい言葉が耳に入ってくるようだ。

世間は声を一つにして朴大統領に要求している。与野3党に新首相を指名してほしいと要請し、「国会推薦の新首相候補」が登場すれば、本人は国政の一線から退くという宣言をしなければいけないということだ。これとともに大統領を壊すのに共犯だったセヌリ党の親朴指導部を引き下ろせということだ。こうすれば朴大統領は弾劾や下野、早期大統領選挙のような不確実性に陥らず、最小限の憲法的地位を維持できるはずだ。こうした選択はできるだけ憲法・議会システムで解決方法を探そうとする多くの人たちの努力に合う。

問題はこうした答えが提示されているにもかかわらず、朴大統領が依然として別の考え、別の行動をしていることだ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)補佐陣の相当数を含め、政府、与党、自分に投票した多数の保守有権者までがこの解決法を支持しているにもかかわらず、朴大統領はためらっている。何の未練がそれほど残っているのか。離党の話だけでもすでに金秉準(キム・ビョンジュン)首相候補が主張し、昨日は金武星(キム・ムソン)前代表が加わった。自身が下すべき決定を先送りすれば他人の決定に従わなければいけないのが権力の生理だ。朴大統領は禹柄宇(ウ・ビョンウ)前青瓦台民情首席秘書官の辞退はないと言い張って崔順実事件を迎え、崔順実事件が浮上するとあたふたと謝罪を2回もしたが、適切な措置を取らず3回目の謝罪をしなければいけない状況になっている。

朴大統領が今回も世間がすべて知っている手続きと解決法を遅らせて週末を迎える場合、百薬が無効になるだろう。バスが去った後に手を振ったり、息を引き取った後に心肺蘇生術をしてどうなるのか。今は解決法と手続きを考慮している場合ではない。中学・高校生を含む老若男女が光化門(クァンファムン)広場と全国の主要都市に集まり、一つの心でろうそく集会を聞いた民心は、大統領を心から消した状態だ。このまま持ちこたえれば、どこの誰も火がついた民心の怒りを統制することができない状況を迎えるだろう。もう権力に対する未練と執着を捨てて、国家と国民のためにすべてを手放してこそ、憲政の中断を防ぐことができる。大統領の最後の決断を期待する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP