주요 기사 바로가기

【社説】光化門広場の叫びに耳を傾けなくては=韓国(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.11.06 13:01
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領の2回目の対国民謝罪にもかかわらず退陣を要求する国民の声は高まっている。5日にソウルの光化門(クァンファムン)広場は警察推定5万人(主宰側は20万人を主張)を超える人波で埋め尽くされた。先週末より3倍を超える数だ。制服姿の中高生と家族連れでデモに出てきた市民が合流しデモ隊の数は時間が経つほど増えた。彼らは「大韓民国は民主共和国だ。すべての権力は国民から生まれる」「われわれが主人だ」というスローガンを叫び、大統領が自ら退くよう要求し夜遅くまでろうそくを手に行進した。デモに参加した市民の多くが「質問も受け付けず自分の話だけ並べた大統領の談話に真正性を感じられなかった」とし、4日の大統領謝罪談話に対する不満を示した。絶体絶命の危機を突破する機会にすることもできた大統領の対国民談話が憤怒する民心を鎮めるのに力不足であることが立証されたわけだ。

政界ではこれまで大統領の再謝罪と捜査意思表明→与野党党首会談→国会の責任首相推薦→挙国中立内閣発足という段階別収拾策を提示してきた。だが朴大統領はこれと正反対に応酬することで国民的憤怒を触発させた。民心はさらに激昂し、一部野党関係者まで公然と「大統領下野」を取り上げるほど事情は急激に変わっている。大統領は国政の最高責任者としての権威と道徳性まで喪失した段階に達した。国家的危機局面と言わざるを得ない。

朴大統領は談話で、野党が要求した特別検事を受け入れるという立場を出しただけで、権力委譲に対する話は一言も言わなかった。むしろ「国政は一時も中断されてはならない」とし、権力を握り続けていくという強い意志を表わした。このように民心とかけ離れた話をするから市民の憤怒を沈静化できずにいるのではないか。野党の一角から「大統領下野」を取り上げられるなど激しい反応が出ており、「金秉準(キム・ビョンジュン)首相」というカードが紙切れになってしまう公算が大きくなった。(中央SUNDAY第504号)
【社説】光化門広場の叫びに耳を傾けなくては=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP