주요 기사 바로가기

<サッカー>故意のミスで北朝鮮U-16代表にAFCが懲戒

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.11.06 12:14
0
不自然な失点場面を見せた北朝鮮の16歳以下(U-16)サッカー代表チームのゴールキーパーが重懲戒を受けた。

アジアサッカー連盟(AFC)は5日にホームページを通じ、チャン・ベクホに罰金1000ドルと1年間の出場停止の懲戒を下したと発表した。チャン・ベクホは来年10月にインドで開かれるU-17ワールドカップに出場することはできなくなった。

AFCは北朝鮮のユン・ジョンス監督に罰金5000ドルと1年間の出場停止を下した。また、北朝鮮は2018年のAFC19歳以下(U-19)チャンピオンシップに出場できなくなった。

チャン・ベクホは9月にインドで開かれた2016AFC16歳以下チャンピオンシップD組最終戦で、両者無得点だった後半4分にウズベキスタンのゴールキックを処理しながら落下地点を見逃しゴールを許した。北朝鮮はこの試合に1対3で負けた。

チャン・ベクホのプレーを分析したAFCは、対戦を考慮した故意のミスという結論を下した。北朝鮮はこの試合に敗れることにより準々決勝トーナメントで格下のオマーンとの対戦を狙ったということだ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP