주요 기사 바로가기

予測不可能なドゥテルテ氏、今度は「われわれは日本側」…米国には「決別→同盟→チンピラ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.27 08:06
0
日本を訪問中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が26日、安倍晋三首相と会談を開き、経済・安保分野で協力を強化していくことで合意した。

安倍首相は首相官邸で開かれた首脳会談で「ことしは両国国交正常化60周年だ。ドゥテルテ大統領の訪日を契機に両国関係を飛躍的に発展させたい」と明らかにした。ドゥテルテ大統領も中国との領有権紛争に関して「われわれは日本と同じ状況にある。法支配により平和的に問題を解決したい」とし「いつでも日本側に立つ考え」とこれに呼応した。会談終了後に開かれた共同記者会見で、両首脳は▲フィリピンの海上警備能力を高めるために日本が大型巡視船2隻を提供すること▲立ち遅れている地域の経済を支援するために円借款を供与すること--に合意したと発表した。

このような日本の破格的な歓待は領有権紛争中である中国を牽制するにはフィリピンとの関係改善が重要だと判断したためだ。

ドゥテルテ大統領は先週中国を訪問して習近平中国国家主席と会い「中国は偉大な国家であり、両国の長年の友情は揺らぐことはない」と述べた。19日に開かれた海外同胞懇談会では「米国に別れをいう時」「軍事・経済的に米国と分離されるべき」と、米国に対して強硬発言を繰り返していた。米国最大友好国の日本としてはフィリピンが親中・反米路線を固める状況に心は穏やかでない。

しかし、日本を訪れたドゥテルテ大統領の発言は予想を裏切るものだった。首脳会談を通じたすべての発言で「(中国との関係は)経済的なものであって軍事的なものではない」と強調した。

だが、反米強硬発言だけは続いた。25日、日本行きの飛行機に搭乗する前に開いた記者会見では「米国はフィリピンを首輪でつないだ犬のように扱っている。本当に愚かだ」と非難して、「私が大統領職を長く執ることになれば防衛協力拡大協定(EDCA)は忘れてもらわなければならない」などとと米国を脅迫した。2014年に米国とフィリピンが締結したEDCAで、米軍はフィリピン軍事基地で訓練し米軍地域に施設を設置する権限を得た。26日に開かれた「フィリピン経済フォーラム」でもドゥテルテ大統領は「外国軍は2年以内にフィリピンから出ていってもらいたい」と述べたと新華社通信が報道した。ここで外国軍は米軍を意味する。同日、在日フィリピン海外同胞に会った席では「米国は本当にチンピラだ」と非難した。

ドゥテルテ大統領は24日には日本報道機関とのインタビューで「米国とは同盟関係にあるので他のいかなる国とも軍事同盟を結ばない」としながら「中国と同盟を結ぶことは不可能だ」と明らかにしていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP