주요 기사 바로가기

【時論】実力の代わりに学歴を問う韓国社会(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.26 11:11
0
韓国ではしばしば学位をめぐる議論が起きたりする。今回は著名な文学評論家である都正一(ト・ジョンイル)慶熙(キョンヒ)大学名誉教授の話だ。関連記事によると、都正一教授はハワイ大大学で大学院課程を踏んだのは事実だが、学位を受けていないのにこの事実を隠してこれまで博士として振る舞ってきたという。都正一教授は最近になり博士学位を正式に受けたことがないことを認め、自身の学歴を「博士修了」に訂正したと言った。本人が訂正したというのでもしかするとこの問題は解決したのかもしれない。

しかし私は今回のことを見ながら深い苦々しさを感じる。昨年の秋、ハワイ大学の同僚教授であるマンフレッド・ヘニングセンが私を訪ねてきた。都教授の博士論文審査委員5人のうちハワイ大学に残っている唯一の人である彼に、ある韓国人が都教授の学位の件を電子メールで問い合わせしてきたというのだ。ヘニングセン教授は自分が都正一の審査委員であり、論文は最終審査を通過して審査委員5人全員が承認のサインをしたものと確認したと答えた。それでもこの人は何度もメールを送り続け言葉尻を捉えようとするので、ついに「あなたは卑怯にも自分の名前と所属も明らかにしていないのになぜこんな魔女狩りをするのか」と叱り飛ばし二度と答えないと書いて返信したという。「なぜ韓国人はこんな問題でこんなに大騒ぎするのか。あまりに幼稚ではないか?」と尋ねる米国人同僚教授の前で恥ずかしかった。

私が現在ハワイ大学教授として在職しているだけに事実を正確に伝える必要がありそうだ。米国の大学博士課程の最後の段階は完成された論文に対し主任教授が承諾すれば論文口頭審査会を開催する。論文提出者は審査委員と他の参観者の前で発表し質問に答えるが、これを通過すれば実質的に博士学位を受けるのと変わらない。都正一教授はこの段階を通過した。彼の場合残ったのは脚注と参考文献程度を補完し最終原本を提出することだった。最近のようにインターネットと電子索引が発達した社会では2~3日で終わっただろうが、1984年の論文通過後に帰国し忙しく講義をしていた状況ではそれほど容易ではなかったようだ。そのため最終原本が提出されず、書類上では学位を取得できなかったものと残ることになった。こうした笑えないできごとが起きたことに対し都教授は「私が怠けて愚かだったので起きたこと」と告白したというが、本当にそうではないか? 何年間も苦労し論文を書いて通過してもその小さなことひとつ終わらせられずいまになりこうした受難に遭うとは残念なことだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP