주요 기사 바로가기

【コラム】銅像を建てるのが好きな韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.24 14:39
0
1/3
ソウルCOEXにある江南スタイル彫刻
最近、巷で非難を受けている江南(カンナム)スタイルの造形物を数週間前、ソウルCOEXの前で初めて見た。写真ですでに見ていたが、実際に見るとさらに驚かされた。その巨大さに。そして気づかない観光客がいる場合のために「GANG NAM STYLE」と非常に大きく刻んでいる、その負担となる親切に。何よりもPSYのヒット曲「江南スタイル」の愉快で権威嘲弄的なB級情緒を、重くて権威的な媒体の代表格であるブロンズ彫刻、すなわち銅像で実現したその難解な発想に。

考えてみると、韓国の官と団体は何かを記念して記憶するうえで、歴史人物はもちろん、K-POPまで? 本当に銅像が好きだ。今考えると、おもしろい小学校の怪談の素材も銅像だった。夜12時になると柳寛順(ユ・グァンスン)烈士の銅像が血の涙を流すとか、李舜臣(イ・スンシン)将軍と世宗大王(セジョンデワン)銅像が戦うとか。学校ごとに普及している銅像が粗悪な水準で大量製作されたため、「偉人の精神を学ぶ」という趣旨はなく怪談だけが残る。

力を注いで製作した銅像であっても「必ず銅像でなければいけなかったのか」という疑問が抱くことが多い。ソウルで最も美しい風景の一つは光化門(クァンファムン)の屋根とその後ろの北岳山(プガクサン)の調和だが、その前で黄銅色にきらめく、西欧式写実主義描写法で製作された世宗大王像を見ると奇妙な不調和を感じる。ここに世宗路とか世宗大王を記憶する視覚的な何かを設置しようと考えたことは理解できるが、それが巨大な銅像でなければいけなかったのだろうか。ハングルをテーマにした落ち着きのある抽象美術ではいけなかったのだろうか。銅像が韓国の伝統なのか。

ある人物のことを称えようとする時、韓国の伝統は碑石や祠堂、紅門を建てるというものだった。具体的な形状で描写するのではなく抽象的な象徴で考えを呼び起こすものだ。一方、韓国の彫刻の伝統は仏像と石物で受け継がれてきたが、西欧古典主義彫刻とは違って半抽象的で、そのためにむしろ現代美術に近いものがある。韓国の各種機関が好む写実的技法の銅像は韓国伝統とはいかなる関係もない。

韓国で銅像ブームが起きたのは60-70年代の朴正熙(パク・ジョンヒ)政権時代に西欧化と民族主義鼓吹を同時に進めながらだった。政府傘下に「愛国烈士彫像建設委員会」ができて韓国の主な歴史人物の銅像をあちこちに建てたが、欧州の伝統に基づいて高い石台に英雄的な姿のブロンズ立像と騎馬像にした。
【コラム】銅像を建てるのが好きな韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP