주요 기사 바로가기

韓国与党「北の政権奉じる文在寅氏は国の規律を乱す」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.16 12:45
0
野党セヌリ党は15日、「共に民主党文在寅(ムン・ジェイン)元代表が盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の秘書室長時代の2007年に国連の北朝鮮人権決議案採決を控え北朝鮮の意見を聞いたという宋旻淳(ソン・ミンスン)氏の回顧録をめぐる議論と関連し、「これはまさに文元代表のアイデンティティを疑わせるもので、国の規律を乱れさせた事態だという点を直視するよう望む」と文元代表のアイデンティティを取り上げ批判した。

セヌリ党の廉東烈(ヨム・ドンヨル)首席報道官はこの日論評を通じ、「大韓民国のアイデンティティを否定し、『同族の人権』より『北朝鮮政権』を奉じる文在寅元代表は指導者の資格だけでなく人類の人権に対し取り上げる資格すらない」とし文元代表に対する非難レベルをさらに高めた。

廉報道官は今回の議論に対し「大韓民国のことを北朝鮮政権から決裁を受けるのは国の規律を揺さぶる衝撃的な事態だ」と強調した。

彼は「2007年の国連対北朝鮮人権決議案採決当時、北朝鮮政権に意見を聞いて棄権する過程で文元代表が中心的役割をしたという衝撃的な事実が明らかになると、共に民主党は特有のしらを切る攻勢をしている。当時その過程に加わったという金万福(キム・マンボク)元国家情報院長、李在禎(イ・ジェジョン)元統一部長官らが口を合わせたように否定したのを土台に反撃に出た格好だ」と話した。

彼は「自分たちに不利な素材であればしらを切り、事実ではなく疑惑だけでも国を揺るがすほどに政治攻勢をする特有の二律背反的行動と言わざるを得ない。国政監査を通じて存在しない文化芸術家ブラックリストで世の中を黒く染め、自分たちの執権時代の長官の回顧録を通じ明確に表われた事実の前にはとぼけるだけでなく逆政治攻勢をする厚顔無恥な態度だ」と民主党を非難した。

廉報道官は特に「朴槿恵(パク・クネ)政権の各種疑惑事件を覆うための政治攻勢」という野党の反発に対し、「10年前であれ20年前のことであれ大韓民国のアイデンティティと人類の普遍的価値を破壊した事件を正しく知らせ正すことほど重大なことはない」と一蹴した。

また、「理念攻勢」の指摘に対して、「北朝鮮政権に関連した話さえ出てくれば理念論争だと過敏反応を見せるのはまるで『後ろ暗ければ尻餅をつく』ようなもの。文元代表の深刻なアイデンティティ危機を時季外れの理念攻勢で適当にやり過ごそうとする旧態政治もまったく筋が通らない」と反論した。

今回の議論は当時外交通商部長官を務めた宋旻淳(ソン・ミンスン)氏がこのほど出した回顧録『氷河は動く』で、「2007年11月の国連北朝鮮人権決議案採決に先立ち盧元大統領主宰で開かれた首脳部会議で南北チャンネルを通じ北朝鮮の意見を聞いてみようという金万福国家情報院長(当時)の見解を文在寅室長(当時)が受け入れ、結局韓国政府は北朝鮮の意向を尊重して棄権した」と書いたことで触発された。

文元代表は15日に自身のフェイスブックを通じ、「盧武鉉大統領は双方(外交部と統一部)の意見を十分に聞いた上で多数の意見により棄権を決めた」と釈明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP