주요 기사 바로가기

コリア・セール・フェスタ開催…韓国最大のショッピング行事

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.22 13:12
0
韓国最大のショッピング・文化行事である「コリア・セール・フェスタ」が29日から始まる。来月31日まで行われるコリア・セール・フェスタは昨年初めて開かれた大規模ショッピング行事の「コリア・ブラックフライデー」を拡大改編したもの。昨年は流通会社だけが参加し体感割引幅が期待に満たなかったという一部の指摘から、韓国政府は今年製造業者とソーシャルコマース会社を新たに参加させた。産業通商資源部と文化体育観光部、大韓商工会議所、韓国訪問委員会は21日、「コリア・セール・フェスタ第2回官民合同推進委員会」を開き行事の総合推進計画を発表した。

昨年10月に開かれたコリア・ブラックフライデーより参加企業数は大きく増えた。19日までに登録した公式参加企業は168社だ。昨年は92社が参加したがすべて流通会社だった。今年は大型メーカーが参加する。現代自動車とサムスン電子、アモーレなどが今回の行事期間に自社製品を割引販売する。この期間に家電専門店や百貨店などでテレビ、冷蔵庫のような家電製品を20~30%の割引価格で買える。衣類・ファッション製品は50~80%、化粧品は20~50%の割引率が適用される。家具のような生活用品も25~65%安く販売される。自動車営業店でも割引特典を受けられる。現代自動車はグレンジャーやサンタフェなど5000台限定で5~10%割引する。ルノーサムスン、韓国GM、双竜自動車も行事に参加し、割引幅は今後公開する。

クーパン、チケットモンスター、ウィメイクプライスのような主要ソーシャルコマース企業も今回の行事に参加する。これら企業は来月4~7日に特価行事を行い、オンライン上で主要製品を最大70%割引する計画だ。韓国政府はオンライン販売支援のために行事期間中に国内配送料(CJ大韓通運10~20%、郵政事業本部10%)と海外配送料(郵政事業本部33%)を引き下げる。

韓国政府はまた、全国400カ所余りの伝統市場が今回の行事に参加するよう32億ウォンを支援する。中小企業製品の販売促進に向けた行事も釜山(プサン)、光州(クァンジュ)、高陽(コヤン)などで開かれる。

公演などの見どころも用意される。30日にソウル・永東大路で開かれるK-POP公演など55件の文化イベントが開催される。政府はコリア・ブラックフライデーが昨年10-12月期に民間消費を0.2ポイント引き上げたと推定した。今年は参加企業が増えただけに効果はさらに大きいものと期待している。産業通商資源部のト・ギョンファン産業基盤室長は「今回の行事が冷え込んだ消費心理を活性化し消費者と参加業界ともに恩恵を得られるようにしたい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP