주요 기사 바로가기

災難発生時に経済的衝撃が大きい都市…台北>東京>ソウル

ⓒ 中央日報日本語版2016.09.20 06:50
0
世界の主要都市のうちソウルが災難発生時に三番目に経済的衝撃が大きいという分析が出た。

19日、国際再保険会社である英ロイズ(Lloyd‘s)の「都市リスク指数(City Risk Index)」によると、2015年から2025年までの10年間で、ソウルの潜在経済リスク露出額(GDP@Risk)は1035億ドル(約10兆5400億円)であることが分析された。

ソウルは世界主要301都市のうち、台湾・台北(1812億ドル)、日本・東京(1532億8000万ドル)に続き三番目に都市の経済リスクが高い。ソウルに次いでフィリピン・マニラ(1010億9000万ドル)、米国ニューヨーク(903億6000万ドル)、同ロサンゼルス(903億2000万ドル)などが続いた。

都市リスク指数は世界経済の都市集中度が高まるに伴い、自然災害や人災による被害も集中しているとし、18項目の脅威要因に各都市がさらされている潜在的な経済リスクを数値化した。

脅威要因には地震・津波・暴風(Wind storm)などの自然災害、経済恐慌(Market crash)や国家デフォルト(Sovereign default)などの経済的事件、サイバー攻撃・テロ・伝染病(Human pandemic)・太陽嵐(Solar storm)などが網羅されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP