주요 기사 바로가기

韓国のパトカー、主要先進国に比べ性能最下位

ⓒ 中央日報日本語版2016.09.08 13:24
0
韓国のパトカーの性能が主要先進国のパトカーの平均水準を大きく下回ることが明らかになった。

韓国の国会安全行政委員会所属のセヌリ党洪哲鎬(ホン・チョルホ)議員が8日、警察庁に提出させた資料を分析した結果、韓国のパトカーとして最も多く使われる機種は現代(ヒョンデ)自動車の「ソナタ」で最大出力166hp・0-100キロ加速(停止状態から時速100キロに到達するまでの時間)11.9秒・排気量2000ccの仕様を備えているという。

これは米国・ドイツ・日本・豪州・シンガポール5カ国のパトカー15車種と比較した場合は最下位レベルで、全体比較車種の中でソナタの最大出力は15位、0-100キロ加速が16位で排気量も最下位水準だと明らかになった。

これらの国のパトカーを見ると平均最大出力が200~400hp・0-100キロ加速は3.6~9.4秒であり、排気量の場合は最大6200ccまでの高性能仕様を備えていると集計された。

洪議員は「米国や日本など主な先進国ではメーカーを中心に自国のパトロールカーのモデル開発および性能改善を持続して推進中だ」として「韓国も政府とメーカーが協力してパトカーの研究開発および高性能化案をいち早くつくるべきだ」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国のパトカー、主要先進国に比べ性能最下位

    2016.09.08 13:24
    뉴스 메뉴 보기
    韓国のパトカー(写真=中央フォト)
    TOP