주요 기사 바로가기

隠しカメラに飲酒暴行…韓国水泳界の終わりなき波紋

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.30 08:40
0
韓国水泳界に醜悪な事件が続いている。OB・現職の国家代表選手が関わった「鎮川(ジンチョン)選手村隠しカメラ」事件の波紋が広がっているなか、オリンピック(五輪)で選手を指導したコーチの泥酔暴行事件まで起きた。

ソウル江東(カンドン)警察署関係者は「元水泳国家代表Aが2009年12月から翌年4月の間に京畿(キョンギ)地域の高校プールの女性更衣室に隠しカメラを設置したという情報を入手して捜査している」と29日、明らかにした。Aは国家代表だった2013年、鎮川選手村のプール女子更衣室に隠しカメラを設置して映像を撮った容疑(性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反)で警察に書類送検されて今月2回の取り調べを受けた。この過程でAが過去にも同じような手口で盗撮していた事実が追加で明らかになったのだ。警察は28日、Aに過去の犯行について確認し、Aはこの容疑を認めているという。

また同日、警察はAが共犯として挙げたBに対して憲兵捜査隊に事件を引き渡すことにした。

国軍体育部隊所属でリオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)に出場し、最近帰国したBは容疑を全面的に否定している。

大韓体育会は同事件と関連してスポーツ公正委員会のチョン・ヒョンスク副委員長を団長とする真相調査団を組織することを29日、決定した。調査の公正性を期するため、同調査団は内外部の専門家で構成される予定だ。最近、大韓体育会は鎮川選手村と泰陵(テルン)選手村のトイレ・更衣室に対する1次調査を実施した。大韓体育会関係者は「このような恥ずかしい事件が再発しないように性暴行予防教育を強化し、施設管理監督を徹底するなど諸般措置を取る。関連者に対しては責任を厳しく問う」と明らかにした。

一方、江原地方警察庁によると、リオ五輪水泳国家代表コーチCが飲酒後に車両を盗み、彼を取り押さえようとした市民に暴行を加える事件が29日発生した。事件当時、Cの血中アルコール濃度は0.172%で泥酔状態だった。Cは車両を乗り捨てた後、近くの高速道路に乱入し20分ほど歩き回ったり腕を振り回したりして暴れていたという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP