주요 기사 바로가기

アイドルからクリエーターに…BIGBANG10周年、アイドルグループの新たな道開く(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.29 17:22
0
BIGBANGが今年デビュー10周年を迎えた。20日夜、ソウル上岩(サンアム)ワールドカップ競技場で開かれた10周年記念コンサート「BIGBANG10 THE CONCERT:0.TO.10.」は全世界から集まった6万5000人余りの「VIP(ビッグバンのファンクラブ)」らで埋め尽くされた。彼らが一緒に吹きだす熱は酷炎よりも熱かった。2006年8月19日にオリンピック体操競技場で開かれたYGファミリー10周年コンサートで人々に会って以来、すっかり変わった間に自分たちも自ら脱皮して新しく進化したことを改めて感じさせたステージでもあった。

昨年から今年にかけて成功的な「MADE」世界公演ツアーを終えて10周年記念公演まで成功裏に終わらせたBIGBANGについて記事を書いてみないかという中央SUNDAYの注文の前に少しだけ躊躇したが、今や「アイドルグループ」と呼ぶのも気まずいほどに大きくなったこの5人のエンターテイナーについて文化を研究する大学教授としてこれまで書かれなかった何かを書かざるをえないという負担は脱ぎ去り、BIGBANGのファンとして、そしてリーダーのG-DRAGONから学問的なインスピレーションを得て大学の授業時間に彼のイメージを活用している心理的な借りを返すという意味で、喜んで文を書いてみるといった。だからこの文はBIGBANGという韓国の大衆文化の中の「事件」について多少「学者-ファン(aca-fan)」の私心が込められた意見だ。

BIGBANGは8月19日にデビュー10周年を祝って多様なプロジェクトを行った。6月にワールドツアーの実況と準備期間を入れたドキュメンタリー『BIGBANG MADE』を封切りしたのに続き、今月20日にはソウル上岩ワールドカップ競技場でデビューから現在までの姿をひと目で見ることができるコンサート「0.TO.10」を行った。

BIGBANGは2006年8月19日に初めてシングルを発表して歌謡界にデビューし、2007年から今まで韓国語と日本語で8枚のアルバムを発表した。それだけでなくメンバー各自の音楽活動および放送・ファッション・映画・広告などでソロ活動によりアジアで得られるすべての賞と名誉を手にした。2011年にはMTV欧州ミュージックアワードのワールドワイドアクト部門で受賞し、国際的な可視性を得ることになった。彼らはグループが結成される前の練習生時代とその結成過程がテレビのリアリティー番組で露出した典型的なアイドル-メディア・セレブリティだったが、10年が過ぎた今日、韓国の芸能産業アイドルのこのような「典型」から脱却して堂々としたクリエーターの地位に到達し、世界中どこでも群衆を率いて歩く有名人になった。

韓国でアイドルはただ特定の範疇の芸能人に過ぎないが、東アジアを抜け出せばアイドルという芸能労働を理解するのは容易ではないことだ。企画会社によって長年トレーニングを受けてステージ上で踊りや歌が同時に可能なパーフォーマーであり、メディアの中で各自のキャラクターまで作られた産業的結果という点で西欧のメディアはアイドルに対し色眼鏡をかけてアプローチする。「人形のような容姿にロボットのような刃物の(ような鋭い動きの)群舞を踊る…」のような修飾語にはこのような視線がそっくり含まれている。いくら見ても西欧の個人主義の芸術的発現体であるアーティストだと呼ばれることはできない存在である。

その上、彼らは芸能産業の強者である放送と企画会社の要求どおり日常をメディアにさらけ出さなければならない。大きくなった成人が合宿をしてファンたちの圧力の中で私生活が保障されないなど青少年労働の批判を超える深刻な感情労働まで遂行しなければならない。

アイドル自身も消費者であるファンたちも「好きで」結ぶこの関係の中で、男性アイドルに消費者が期待するのはパフォーマンスと「お兄さん」らしい優しさ、大衆の愛を表わす魅力的なボディとキャラクターであって、創意性や肺腑をえぐるようなメッセージではないのだ。

そのような意味でBIGBANGの一部のメンバーがパーフォーマーとしてクリエーターとして最高の評価を受けるほど発展したのは、こうしたアイドル産業のメカニズムの中で見れば驚くことだ。いくら「土の箸とスプーン、金の箸とスプーン(生まれながらに恵まれた環境かどうか)」議論が熱い韓国社会だが、いまも才能さえあれば、さらに「一生懸命に」やるならば、こうしたアイドルの「限界」から抜け出してアーティストの隊列に到達できるという非常に矛盾的で自己批判的な存在である。
アイドルからクリエーターに…BIGBANG10周年、アイドルグループの新たな道開く(2)

アイドルからクリエーターに…BIGBANG10周年、アイドルグループの新たな道開く(3)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アイドルからクリエーターに…BIGBANG10周年、アイドルグループの新たな道開く(1)

    2016.08.29 17:22
    뉴스 메뉴 보기
    昨年2回目のワールドツアー「MADE」に出たBIGBANG。13カ国32都市で150万人の観客を動員し、年間収益は4400万ドル(約45億円)に達する。左からD-LITE、V.I、G-DRAGON、SOL、T.O.P。
    TOP