주요 기사 바로가기

韓経:【社説】韓日通貨スワップ再推進、正しいことだ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.29 11:07
0
韓日通貨スワップが中断から1年半ぶりに再推進されるという。先週末ソウルで開かれた韓日財相会議で韓国側が提案して日本側が同意し、合意に至ったものだ。2001年に20億ドルでスタートした両国通貨スワップは2011年に700億ドルまで増えたが翌年には両国関係の悪化で満期延長なしに昨年2月100億ドルを最後に終了した。韓日通貨スワップは14年間実際に使ったわけではないが経済協力の象徴のようにみなされてきた。政治的な理由で中断された通貨スワップを名分ではなく実益でアプローチしたことは正しいことだ。

通貨スワップというのは有事の際に両国間の通貨を対等交換する契約で、一種の国家マイナス通帳だ。外国為替保有額が莫大な保有コストを誘発することとは違い、通貨スワップは使わなければ費用もなく損することがない。グローバル金融危機のような「ブラックスワン」級の事態に備えた防波堤をもう1つ積み上げたとみれば良い。そうした点で昨年修交50周年を迎えてもどん詰まりになっていた両国関係が慰安婦合意に続き通貨スワップを通じて経済・金融協力も正常化するならば、さまざまな面で意味深い。

もちろん当分は通貨スワップで切実なことはない。外国為替保有額が3714億ドル(7月末、約37兆8700億円)に達し、多国間スワップであるチェンマイ・イニシアティブ(CMI)で384億ドル、韓中通貨スワップで3600億人民元(約5兆5000億円)などを確保している。国債格付けが3番目に高い「AA」(S&P基準)に上がるほど対外信用度は良好だ。だが世界経済は原油安と保護貿易にブレグジット、米国の金利引き上げなど将来を予想できない。10年続けてきたゼロ金利・金融緩和の矛盾が表面化している。2010年に韓米通貨スワップが終了した状況で世界最大の債権国である日本との通貨スワップは備えあれば憂いなしとみるべきだろう。

ただし韓日通貨スワップの中断過程は記憶しておく必要がある。日本も韓国も通貨スワップを政治的摩擦のむなしい犠牲物だとした。いくら国家間の政治・外交摩擦を生じさせても経済まで一緒にするのはおろかなことだ。THAAD配備と韓中関係も同じだ。政治は政治で、経済は経済だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP