주요 기사 바로가기

韓国ガールズグループOH MY GIRLジニ、過度なダイエットで拒食症…活動中断

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.08.26 10:33
0
ガールズグループの過度なダイエットが危険なレベルに達した。

ガールズグループOH MY GIRL(オーマイガール)のジニに拒食症の症状が見られ、活動を中断した。OH MY GIRLの所属会社WMエンターテインメントが25日、韓国ニッカンスポーツに「OH MY GIRLのメンバーのジニが健康上の理由で暫定的に活動を中断することになった」と伝えた。

続けて「ジニは『CUPID』の活動の時から拒食症の症状が見られ、病院で診療を受けてきた」とし、「当社はアーティストの健康を最優先に考慮し、暫定的な休息を決定することになった」と明かした。

ガールズグループが拒食症の症状を見せたのは今回が初めてではない。Ladies’ Code(レディースコード)のソジョンも2013年に拒食症を告白して歌謡界に衝撃を与えた。ソジョンが拒食症になった理由は深刻なダイエットのためだった。

当時ソジョンは「Mnetの『ボイスコリア』に出演した時、番組に出てくる自分の姿を見て衝撃を受けてダイエットを始めた」とし、「49キロから38キロに落ちた。ダイエットを始めて1年近く生理が来なかったし、ホルモン数値が更年期女性の水準」だったと告白した。

2000年代初期活動したT.T.MA(ティティマ)のメンバー、ソイも拒食症を患った。ソイはある放送で「容貌に強迫観念が激しくて拒食症にかかった」と話し、やるせなさを感じさせた。

ガールズグループのメンバーはたった0.5グラムでも減らそうと様々な努力をする。「スリムなら美しい」という強迫観念が育てたダイエットだ。一時期、1日に1000キロカロリーしか食べない「少女時代献立ダイエット」も流行した。女性の1日の推奨カロリーは1800~2200キロカロリーだ。

多くのアイドルは不規則な食習慣で栄養のバランスが悪くなる。更にダイエットまでするため健康な体を維持するのは不可能だ。

ある歌謡界関係者は「ガールズグループにとって外見はとても重要なことだ。体重管理は必須だ。もちろん会社でダイエットを要求する場合もある。反面、メンバーが自ら強迫観念によって減量したりもする」とし、「だが無理なダイエットはアイドルや会社にとっても良くない。まずは健康が最優先だ」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ガールズグループOH MY GIRLジニ、過度なダイエットで拒食症…活動中断

    2016.08.26 10:33
    뉴스 메뉴 보기
    OH MY GIRLジニ
    TOP