주요 기사 바로가기

<大リーグ>あれほど多かった韓国人選手は皆どこへ行ったのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.22 15:48
0
ことしビッグリーグで活躍が期待された韓国人選手は7人にものぼる。すでにビッグリーグで主戦として位置づいている秋信守(チュ・シンス、34、テキサス・レンジャーズ)、姜正浩(カン・ジョンホ、29、ピッツバーグ・パイレーツ)、柳賢振(29、LAドジャース)に、新たに合流した朴炳鎬(パク・ビョンホ、30、ミネソタ・ツインズ)、金賢洙(キム・ヒョンス、28、ボルティモア・オリオールズ)、呉昇桓(オ・スンファン、34、セントルイス・カージナルス)らだ。マイナーリーグから昇格した崔志萬(チェ・ジマン、25、LAエンゼルス)も期待を集めた。だが、成績不振と負傷で現在メジャーリーグでプレーしている選手は金賢洙と呉昇桓の2人だけだ。

最年少の崔志萬は22日、マイナーリーグに降格となった。球団側はこの日、崔志萬を傘下AAA級チームのソルトレイク・ビーズに異動させ、右腕投手A.J.アクターを昇格させたと発表した。すでに二番目の降格だ。メジャーリーグで今季をスタートした崔志萬は成績不振で5月12日マイナーリーグに降ろされ、放出危機に陥った。

幸いAAA45試合で打率0.327・4本塁打・27打点の好成績を収めて先月10日、ビッグリーグに復帰した。崔志萬は1試合の中で本塁打2本を放つ活躍で周囲を驚かせた。しかし打撃感は不安定だった。29試合で打率0.190・5本塁打・12打点という成績で、チームの期待に応えることができなかった。

打撃感が落ちた李大浩もマイナーリーグ降格となった。プラトーン・システムにも屈せず自らの役割を果たしていた李大浩は、最近深刻なスランプに陥った。前半64試合で打率0.288・12本塁打・37打点をマークしたが、後半20試合では打率0.109・1本塁打・4打点にとどまった。結局、今月20日にマイナーリーグ行きを通知された。シアトル・マリナーズのスコット・サーバイス監督は「李大浩は自信をかなり失くしている。彼もマイナーリーグ行きを理解した」と述べた。

危機でより強くなる李大浩は、マイナーリーグ降格後2日目に本塁打を放った。22日、傘下球団であるAAA級タコマ・レイニアーズ所属としてラスベガス・フィフティワンズ(ニューヨーク・メッツ傘下)戦に4番1塁手として出場、3打数2安打1本塁打1打点を記録した。

朴炳鎬は先が全く見えない状況だ。ビッグリーグでは打率0.191・12本塁打・24打点と成績が低調で、先月2日にマイナーリーグ降格となった。AAAでも大きな変化はなかった。31試合に出場して打率0.224・10本塁打・19打点を記録した。不調と重なるように右手首と膝の痛みで16日には故障者リストに入った。ミネソタ地元紙「スター・トリビューン」は21日、アメリカンリーグ中部地区チームの選手移籍失敗例に言及する記事で朴炳鎬を取り上げた。

秋信守と姜正浩は負傷に苦しんでいる。秋信守は16日、オークランド・アスレチックス戦で左腕に死球を受けて骨を折るケガをした。その二日後、左手首と前腕の骨折部分を固定する金属板の挿入手術を受け、事実上、残りの試合への出場は非常に厳しい状況だ。姜正浩は20日、マイアミ・マーリンズ戦での2塁スライディングで左肩に痛みを感じ、故障者リスト入りした。回復までは2週~4週間かかる見込みだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP