주요 기사 바로가기

中国が育てた韓流スターファン・チヨル、中国のTVから消える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.19 08:46
0
中国版『私は歌手だ』に出演して中国でスターダムにのし上がった歌手ファン・チヨル。

韓国人歌手のファン・チヨルが中国TV芸能番組の出演オファーに応じて撮影を終えたが、編集過程で全て削除された状態で放送されていた事実が一足遅れて確認された。THAAD(高高度ミサイル防御)システム配備発表以降、韓国の芸能人の中国現地イベントや公演が電撃取り消しになったのに続き発生した新しいタイプの事例だ。これに伴い、韓流スターの出演を禁止または、制限する中国当局の「禁韓令」と「限韓令」が現実化したのではないかという指摘も出ている。

浙江衛星TVは13日、『挑戦者連盟シーズン2』の第10回分を放送した。『挑戦者連盟』は中国スター范氷氷などが出演し、PDが提示するミッションを遂行する内容の人気芸能番組だ。13日放送分には韓国歌手のファン・チヨルがゲストとして登場し、撮影を終えた状態だった。ファン・チヨルは料理人として出演し他の中国人のレギュラー陣と共に上海のある市場で材料を準備する役割を務めた。

しかし、実際放送された画面ではファン・チヨルの姿を‘ほとんど’探せなかった。3~4シーンでファン・チヨルの姿がかすめるように出てきたりしたが、後ろ姿や遠い背景画面で焦点が合っておらず、顔の一部がぼやけて出るのが全てだった。また、正面の顔が出ざるをえない部分では番組のロゴや字幕で「モザイク」処理された状態で出た。放送された番組を視聴したある放送専門家は「一部の場面はファン・チヨルを除いて出演陣が撮影し直し、一部は既存の撮影分を使ったためその痕跡が残ったようだ」と分析した。

このような事実は放送直後、ファン・チヨルのファン達がこれを発見して微博(ウェイボ)などのSNSに上げたことで広まった。ファン・チヨルのファンは「THAAD発表後にしきりに噂になっていたTHAAD禁韓令が事実として立証された」とし、「編集しようとするなら完ぺきにすればいいのに、なぜ屈辱的にモザイク処理をするのか」など、抗議のコメントをインターネットに投稿した。しかし、「韓国芸能人が出ないようにしたのはよくやった」というコメントも多く寄せられており、THAAD発表後に中国人の間に広がっている反韓感情の一面を見せている。

ファン・チヨルは今春中国版『私は歌手だ』に出演して入賞し、中国で一躍有名スターになった。『挑戦者連盟』の他、中国の他のTV番組にも何度も出演し、中国での人気を基に韓国内での人気も後を追うように上がった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国が育てた韓流スターファン・チヨル、中国のTVから消える

    2016.08.19 08:46
    뉴스 메뉴 보기
    歌手ファン・チヨルは先月、浙江省衛星TV芸能番組に出演して収録を終えたが13日放送分では出演場面が削除されたりモザイク処理された。(放送キャプチャー)
    TOP