주요 기사 바로가기

韓国海軍、次期イージス艦にSM3迎撃ミサイル搭載か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.17 07:57
0
韓国海軍が2020年代半ば以降に導入する次期イージス艦(広開土3 Batch-2)に弾道ミサイル迎撃能力を備える契約を米ロッキードマーチンと締結した。システムを納品するロッキードマーチンは16日、報道資料を通じて「米海軍新型駆逐艦1隻と日本あたご級駆逐艦2隻、韓国の次期駆逐艦(3隻)に最新イージス戦闘体系ベースライン(baseline=BL)9戦闘体系を搭載する4億9000万ドル規模の契約を締結した」と明らかにした。ただ、ロッキードマーチンは韓国イージス艦への搭載費用については明らかにしなかった。

イージス戦闘体系は弾道ミサイル防衛を遂行できる統合された艦艇対空防御網。▼レーダー(SPY-1D)を通じた標的探知および追跡▼指揮統制部で標的決定および武装割当▼ミサイル交戦計画樹立および垂直発射体系でミサイル発射▼ミサイル発射後誘導システム稼働▼交戦評価--の順に進行される。

現在、韓国軍は「世宗大王」「栗谷李珥」「西厓柳成龍」の3隻のイージス艦にイージス戦闘体系のベースライン7.1が適用されている。しかしベースライン7.1にはミサイルを探知しても迎撃機能がない。

海軍の関係者は「世宗大王などのイージス艦はSPY-1Dレーダーで1000キロ離れたミサイルを探知して追跡できるが、これを迎撃するシステムは抜けている」とし「次期駆逐艦は迎撃能力も保有することになったという意味」と説明した。これに関連しブルックス韓米連合司令官も2日、「北朝鮮のミサイルを海上で迎撃する必要性がある」と述べた。

在韓米軍が慶尚北道星州(ソンジュ)に配備する予定の高高度ミサイル防衛(THAAD)体系が陸地で北朝鮮のミサイルを防御し、海上ではイージス艦が迎撃する立体作戦が可能になる。

シン・ジョンウ韓国国防安保フォーラム事務局長は「イージス艦にはTHAADレーダーより強力なレーダーが搭載されていて、迎撃機能を追加すれば直ちに『海のTHAAD』になる」とし「THAADは陸地に固定されているが、イージス艦は東海(トンヘ、日本名・日本海)と西海(ソヘ、黄海)を動きながら作戦を展開できるというメリットがある」と述べた。

ベースライン9には迎撃ミサイルSM3搭載が可能だ。SM3の最大射程距離と迎撃高度はそれぞれ500キロ。THAADの迎撃高度(40-150キロ)と射程距離(200キロ)を上回る。軍の関係者は「迎撃ミサイルとしてSM3を導入するのは予算(1発あたり約150億ウォン)のため確定していないが、ベースライン9を搭載するだけに導入する可能性が高い」と述べた。SM3ミサイルはグアムに飛んでいくミサイルを迎撃することもでき、米ミサイル防衛(MD)体系編入をめぐる論争も予想される。

一方、THAADの星州配備に関連し、金寛容(キム・グァンヨン)慶尚北道知事はこの日、「政府は星山砲台にこだわっていては問題を解決することができないという事実を認識するべきだ」と述べた。星山砲台の代わりのTHAAD配備場所には星州ロッテスカイヒルゴルフ場、カチ山などが挙がっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国海軍、次期イージス艦にSM3迎撃ミサイル搭載か

    2016.08.17 07:57
    뉴스 메뉴 보기
    イージス戦闘体系は弾道ミサイル防衛を遂行できる統合された艦艇対空防御網。▼レーダー(SPY-1D)を通じた標的探知および追跡▼指揮統制部で標的決定および武装割当▼ミサイル交戦計画樹立および垂直発射体系でミサイル発射▼ミサイル発射後誘導システム稼働▼交戦評価--の順に進行される。
    TOP