주요 기사 바로가기

代表的右派女性政治家、日本防衛相に有力…独島領有権、少女像撤去主張

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.03 09:57
0
日本の安倍晋三首相が、3日に予定されている内閣改造で過去に侵略戦争と植民地支配と関連して歴史認識議論を起こした代表的右派女性政治家の稲田朋美自民党政調会長を防衛相に起用する方針を固めたとNHKなどが2日に報道した。この場合小池百合子東京都知事に続き2人目の女性防衛相になる。

弁護士出身の稲田氏は太平洋戦争のA級戦犯処罰を決めた極東軍事裁判(東京裁判)に対し「国内的にA級戦犯は犯罪人だと断言することに非常に抵抗がある」として疑問を提起してきた。2014年4月には行政改革担当相として靖国神社を参拝した。

また「旧日本軍が女性20万人を性奴隷にしたという誤った認識が広まっている」と主張し、最近では慰安婦問題解決のために日本政府が拠出する10億円と少女像撤去の連係を要求したりもした。

2011年8月には独島(ドクト、日本名・竹島)の領有権を主張する新藤義孝衆議院議員らとともに鬱陵島(ウルルンド)訪問を試みたが韓国入国が拒否され、金浦(キンポ)空港で9時間過ごして帰った。自民党内の代表的改憲論者である彼女は交戦権と戦力保有を禁止した憲法9条の改正を主張してきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP