주요 기사 바로가기

【中央時評】THAAD配備決定時期と対北朝鮮政策(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.07.29 13:14
0
全体を把握せよ。ディテールを知れ。これは政策決定者の基本だ。しかしこの基本が今回の高高度ミサイル防御(THAAD)体系配備決定時期を定める時に守られたのか疑問だ。THAAD配備という原則が決まったら最終決定時期を選択するのは些細な問題だと感じるかもしれない。しかしそれは未熟な考えだ。下手をすれば対北朝鮮政策全体を誤らせて、その結果が統一と非核化にも否定的な影響を与える可能性があるためだ。

対北朝鮮政策の全体図を見よう。韓国は良い統一と非核化という2つの課題を同時に解決しなければならない。そのうち1つをあきらめることも、回避することもできない。韓国は漸進的・平和的統一を標榜している。急進的・非平和的統一は南北双方にとって災いとなるため当然だ。平和統一となってもその過程が急進的ならば統一費用を数千兆ウォン使っても南北の住民間の葛藤は非常に深刻になるだろう。統一以前に北朝鮮住民の人的資本水準が向上してその価値観が資本主義と民主主義親和的に変わらなければの話だ。したがって良い統一になるためには北朝鮮の住民と経済の水準が統一される前にすでに高まっていなければならない。これは南北関係が正常化することなしには難しいことだ。

北朝鮮の非核化はこれ以上避けることはできない。北朝鮮の核開発をそれほど深刻に思わなかった進歩政府が問題を育てたとすれば米中外交でだけ核挑発をごり押ししようとする保守政府の政策は問題解決において無力だった。北朝鮮の4次核実験以降、対北朝鮮制裁の局面を迎えることになった背景だ。今や核問題は脇に置いて南北関係から改善しようという提案はこれ以上国民を納得させられない。しかし韓国が北朝鮮の非核化を推進させて制裁を加えれば北朝鮮との葛藤は深刻化する。すなわち良い統一と北朝鮮の非核化は互いに反対方向に走ろうとする2羽のウサギのようなものだ。この2羽のウサギを両方捕まえようとするならば一方向に並んで走らせなければならない。

韓国政府は開城(ケソン)工業団地の撤収という大きな代価を払いながら対北朝鮮制裁に集中してきた。大統領はウガンダやモンゴルまで行って対北朝鮮制裁への参加を要請した。米国は行政命令、マネーロンダリング(資金洗浄)の懸念先の指定などの両者制裁まで動員して北朝鮮を圧迫している。今や韓国が制裁を解きたくても北朝鮮の変化がなければ解くことは困難になった。国連安保理決議に違反できないため、米国も正当な理由がなければ両者制裁を解除しないためだ。これは北朝鮮の政策が変わらなければ朴槿恵(パク・クネ)政府だけでなく次の政府も対北朝鮮制裁一辺倒から抜け出しにくいということを示唆している。したがって現時点で最善のシナリオは対北朝鮮制裁が成功して北朝鮮政権の態度が変わることだ。それでこそ非核化と南北関係正常化という積集合が作られることができる。しかし政府の突然のTHAAD配備決定発表はこれをより一層困難にさせた。
【中央時評】THAAD配備決定時期と対北朝鮮政策(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP