주요 기사 바로가기

<チャイナインサイト>中国の「口汚い」環球時報をどう見るべきか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.07.29 13:11
0
韓中摩擦がふくらむたびに目を引く中国の新聞がある。人民日報の姉妹紙「環球時報」が主人公だ。中国国民の感情に火をつけるような激しい報道を吐き出しながら、摩擦解消どころか事態悪化の一助となったりする。高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備に関して韓国の政治家や企業、さらに星州郡(ソンジュグン)まで制裁しろと声を高める。環球時報はなぜこのように口汚いのか。環球時報の報道が、中国政府の立場を代弁しているのか。

2月19日、中国の習近平国家主席が報道機関の視察に回った。対象は中国の3大報道機関である人民日報と新華社通信、中国中央テレビ(CCTV)。人民日報に立ち寄った習近平主席は陳列されたさまざまな新聞の中のある新聞を示して「私の事務所にもこの新聞がある」と話した。こうした場面がその日の夕方のテレビニュースを通じてそのまま放映された。習近平主席がしっかり手につかんで見せた新聞は環球時報だ。

環球時報の中国内の地位を、恐らくこれよりよく代弁しているエピソードはないだろう。中国共産党の機関紙は人民日報だ。党の方針すなわち中国の進む道を知ろうと思うならば人民日報の文章に下線を引きながら精読する必要がある。しかし国際問題に関する中国の立場を垣間見るには、人民日報ではなく環球時報を読まなければならない。この新聞は国際ニュースを専門的に報道している。問題は、その報道がたびたび激しいことこの上ないというところにある。

「韓国が西海(ソヘ、黄海)軍事訓練でばかげたように中国を威嚇している」。2010年天安(チョナン)艦爆沈事件以降の韓米が合同訓練を計画する時に、環球時報がトップ記事で報道した内容だ。その年、延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件で韓半島(朝鮮半島)緊張が一層高まると環球時報は「韓国は断崖をサッカー場と考えるな」という題名の社評を掲載した。内容は一層刺激的だ。「韓国が酒に酔っているようだ」「韓国を手入れする必要がある」など険悪な表現が乱舞した。

なにをかいわんや。今回も韓国政府のTHAAD配備決定が発表されると環球時報の脅迫的な報道が出てきた。中国政府に5つの措置を建議するとし「THAAD配備に賛成した韓国政界要人の中国入国を制限し、その家族の企業を制裁せよ」「THAAD配備に関する企業との交流を中断して、その会社の製品の中国輸入を許すな」と促した。

数日後にTHAAD配備の敷地として星州郡が決定すると今度は「中国は星州郡とのすべての交流を中断し、星州郡に対する制裁措置を研究しなければならない」「中国人民解放軍はミサイルでTHAADを狙え」と主張ともした。表現は荒っぽく内容は脅迫に近い。そのほかの中国メディアでは見かけにくい報道の様態だ。もちろん環球時報が韓国だけに口汚い姿を見せているわけではない。米国や日本、台湾さらに北朝鮮も環球時報から袋叩きにされるのが常だ。
<チャイナインサイト>中国の「口汚い」環球時報をどう見るべきか(2)

<チャイナインサイト>中国の「口汚い」環球時報をどう見るべきか(3)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP