주요 기사 바로가기

韓経:韓国電子産業の「心臓」狙う…中国、半導体・LCD・テレビじゅうたん爆撃(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.07.28 13:01
0
中国電子企業が半導体・ディスプレーなど部品からテレビなどの完成品にいたるまでM&A(企業の合併・買収))と新工場建設に巨額を投入している。もはや未来の脅威ではなく「直ちに韓国の主力産業を奪っていく勢い」という懸念の声が電子業界から出ている。韓国も三次元(3D)NAND型フラッシュメモリー、OLED(有機発光ダイオード)など新技術で克服しようとしているが、競争激化による収益率下落は避けられない見込みだ。

◆M&Aで規模拡大する中国半導体

ウォールストリートジャーナル(WSJ)は26日(現地時間)、中国紫光集団が半導体企業XMCの買収を決めたと報じた。

 
紫光集団は不動産財閥の趙偉国会長が率いるグループで、昨年から米メモリー半導体企業マイクロンとハードディスク(HDD)企業ウェスタンデジタルの買収を相次いで推進したが、米国政府の反対で実現しなかった。XMCは3月に約27兆ウォン(約2兆5000億円)を投資し、湖北省武漢に中国初の3次元NAND工場の建設を始めた企業。WSJは新しく設立される持ち株会社がXMC株50%を保有し、趙会長が同社の最高経営責任者(CEO)になると伝えた。趙会長は年初のインタビューで「メモリー半導体分野で(世界1位の)サムスン電子に追いつく」とし「このために300億ドルを投資する」と明らかにした。

紫光集団は米国企業買収を通じたメモリー半導体産業進出の道がふさがると、自国内での規模拡大に乗り出したと観測される。メモリー半導体は通常、規模が大きいほど生産単価を低めることができる。WSJは買収推進の背後に中国政府があると説明した。中国は韓国産メモリー半導体を最も多く購入している。これを自給すればサムスン電子、SKハイニックスは厳しくなるしかない。

◆超大型投資が続く中国ディスプレー業界

中国ディスプレー業界では超大型投資が次々と発表されている。中国毎日経済ニュースは最近、チャイナスター(CSOT)が500億元(約8兆5000億ウォン)を投資し、今年末に第11世代LCD(液晶表示装置)工場建設に着工すると報じた。第11世代では世界最大規模だ。CSOTは2019年から量産を始める計画だ。同じ中国企業のBOEは2018年7-9月期の量産を目標に昨年末から第10.5世代LCD工場を建設している。ここに投入される資金は400億元。

これら工場が完工すれば第8.5世代にとどまっているLGディスプレイとサムスンディスプレイは致命的な打撃が避けられない。LCD工場はガラス基板が大きくなるほど価格競争力が高まるからだ。韓国の第8.5世代工場から出るガラス基板1枚で作ることができるテレビパネルは46インチ基準で8台。しかしBOEの第10.5世代工場では46インチ基準で14台、CSOTの第11世代工場では15台を生産できる。それだけ安く生産できるということだ。このためLGとサムスンは過去3、4年間、LCD工場を一つ、二つと閉鎖し、OLEDへの投資を増やしている。


韓経:韓国電子産業の「心臓」狙う…中国、半導体・LCD・テレビじゅうたん爆撃(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP