주요 기사 바로가기

韓国の会社員72%「飲食店の参鶏湯は高い」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.07.27 16:03
0
会社員の10人に7人は飲食店で販売されている参鶏湯(サムゲタン)の料金が高いと考えていることが分かった。ソーシャルコマースTMON(チケットモンスター)が中伏(27日)を迎えて20-50代の会社員500人を対象に質問した結果、回答者の72%が「飲食店のスタミナ食は高い」と答えた。

行政自治部で最近発表したソウルの飲食店の参鶏湯料金は平均1万3500ウォン(約1260円)。回答者の72.8%は「昼食としては高く負担になる料金」と答えた。一方、21.2%は「高いが、特別な日には食べることができる価格」という意見だった。「合理的な料金」という回答者は1.2%にすぎなかった。

料金は高いとは答えたが、多くの会社員はスタミナ食を食べている。「初伏にスタミナ食を食べたか」という質問に82%が「食べた」と答えた。スタミナ食を食べた場所は「職場や家の近所の飲食店」という回答が50%、「自分で作って食べた」が30.2%、「有名な飲食店にて行って食べた」が15.2%だった。

 
一方、最近各家庭で人気の簡便スタミナ食を好む理由は「面倒な調理過程がなく気軽に食べることができる」が68.6%で最も多く、次いで「安い価格のため」が36.8%だった。会社員が考える簡便スタミナ食の適正価格は「5000-1万ウォン」が73.2%で最も多かった。「1万-1万5000ウォン」が12.4%、「5000ウォン以下」も10.4%にのぼった。このように好むスタミナ食の価格帯と高い外食費用の差のため、TMONでは安くて簡単に作れるスタミナ食製品の販売が増えている。

TMONで販売されている参鶏湯の価格は平均6130ウォンで、半鶏湯(半分の参鶏湯)の場合は4075ウォン。価格競争力と便宜性のためTMONの参鶏湯の売上高は前年比で50%ほど増えた。

TMONで今月(1-24日)最もよく売れた参鶏湯はハリム故郷参鶏湯(800グラム、5850ウォン)で、続いてクムサン釜力鶏湯(900グラム、4600ウォン)、ウンジン参鶏湯(1キロ、4800ウォン)と、6000ウォン以下の製品を中心に人気があった。

TMONは消費者がより便利にスタミナ食を購入できるよう夏の期間に「スタミナ食大捷」企画展を進め、参鶏湯、鴨、健康食品など70種類の商品に限定プロモーションディールを含めて最大93%割引価格で販売している。

ペ・ユナTMON食品チーム長は「消費者が猛暑の中で負担なくスタミナ食を食べることができるよう価格競争力を強化する一方、半鶏湯など商品の種類を多様化した」とし「今後TMONは消費者が安全な食を通じて健康な生活を維持できるよう努力していく」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP