주요 기사 바로가기

【時視各角】私も「伝説のポケモン」を捕まえたい=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.07.20 09:02
0
私も「伝説のポケモン」を捕まえたい。拡張現実(AR)ゲーム「ポケモンGO」が世界的症候群を起こし、韓国でもポケモンが出るという束草(ソクチョ)にポケモン遠征隊が現れたというニュースに私の中でも「ポケモントレーナー」の欲望がうごめいた。ポケモントレーナーの旅行目的はひとつ。伝説のポケモンに向かって「君に決めた」と叫んでポケンモンボールで捕獲し「ポケモンマスター」になること。

伝説のポケモンはどこにいるのか気になって検索してみた。火山の爆発で目覚めるというファイヤーはハワイのキラウエア火山に、フリーザーはエベレストの頂上に、サンダーは稲妻がたくさん落ちるというベネズエラのカタトゥンボに現れるという。エベレストの頂上で通信できるかなどの反論が多いからこうした情報は信じるか信じないかだ。それでも私の手はすでにキラウエア火山を検索していた。

ポケモンは2030世代と彼らの親の世代にも思い出のコンテンツだ。子どもと一緒にメンコを集め、種族を覚え、「ピカピカ」といいながら対話するのが日常だっただけに子どもとのコミュニケーションの媒介だったためだ。漫画でポケモントレーナーはポケモンボールを腰に装着して津々浦々を歩き回りポケモンを捕まえる。ポケモンGOはポケモンを捕まえて入れる道具をボールの代わりに携帯電話に替えた。とても簡単で現実的な道具ができたのだ。その上コンソールゲーム機の中にとどまっていた「ポケモンワールド」を実際の世界に拡張し、放浪するポケモントレーナーの役に没頭できるので考えただけでも痛快でおもしろい。

ところがこの面白いゲームの前に広がる韓国の議論は退屈なことこの上ない。なぜ韓国はできなかったのかという叱責に続き「ARとIP(知的財産権)の革新的結合」という技術的分析が出てきて韓国のAR特許出願現況と技術開発予算規模を問う。続く政策的安易さに対する叱責。市場調査機関が2020年にはAR市場がVR(バーチャルリアリティ)市場より4倍以上大きくなるという分析を出したのに政府政策と産業はVRに重点を置いているという指摘。これからAR投資を増やしARゲームを作ってゲーム規制を解除しなければならないという主張が力を得て、シンデレラ法を緩和するという対策が発表された。


【時視各角】私も「伝説のポケモン」を捕まえたい=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP