주요 기사 바로가기

ポケモンGO、韓国にも好影響? テーマ株ブームに沸くが現実は…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.07.15 09:00
0
世界的「ポケモンGO」ブームが韓国株式市場にまで影響を及ぼしている。バーチャル・リアリティ(仮想現実、VR)ゲーム開発会社のハンビッソフト、エムゲーム、ドラゴンフライなど関連メーカーの株価が連日大幅に上昇した。14日、ハンビッソフトの株価が前日より19.85%上昇した。前日には29.96も値上がりした。韓国ではではまだポケモンGOを正式に楽しむことができない。それでもメーカー群全体に反映された期待感が株価を吊り上げた。いわゆるテーマ株現象だ。

だとすれば、今、ポケモン関連のテーマ株に投資することは良いのだろうか。専門家は、慎重論を提起している。オーグメンテッド・リアリティ(拡張現実、AR)を利用したポケモンGOのゲームとテーマ株企業が発売を控えたバーチャル・リアリティ(VR)ゲーム市場の展望が少し異なるからだ。イ・チャンヨンユアンタ証券研究員は14日「ポケモンGOが大きなブームになった理由はVRゲームのように高価な装備が必要なく、めまいが多く出ていないため」と説明した。先立って韓国内で発売されたVRゲームの場合、利用者の動きの速度に画面がついて来られず、めまいが出るケースが多かった。

ARは簡単に言うと現実とバーチャル・リアリティを連結させて1つの画像に表す技術である。バーチャル・リアリティを100%利用するVRとは厳密に追及して異なる。イ研究員は「VRゲームはめまいの解消技術の商用化するかは来年まで見守らなければならない」、「ARは技術的な難易度によってVRよりも大衆化が遅れたが、市場規模はさらに大きくなるだろう」と見通した。

テーマ株企業がAR技術研究をどれほど進めているかは詳しく知られていない。イ・ソンビン教保(キョボ)証券研究員は「関連企業は今のところはARよりはVRの方に投資集中している」、「発売予定のゲームもほとんどVR製品ばかり公開されている」と話した。今から新たなARゲーム開発を始めても、市販までは少なくとも3~6カ月ほどがかかる。

ポケモンGO人気の立役者は、知的財産権(IP)の領域であるポケモンキャラクターということも念頭に置かなければならない。イ・ソンビン研究員は「おなじみのIPが登場すれば、ゲーム技術に関係なく利用者のソフトウェアのアクセス性が高く、IPが大きな成功要因になる」と説明した。

ソン・セフンNH投資証券研究員は「ポケモンGOの成功は漠然としたとしたVRとAR技術がゲームの主要コンテンツになれることを確認させてくれた」と分析した。 ゲーム業種への投資を検討しているなら、長期的な視野を持つ必要があるという話だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP