주요 기사 바로가기

韓経:サムスン、中国産供給過剰に大型LCDラインも稼働中断

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.30 09:36
0
サムスンディスプレイがLCD(液晶表示装置)パネル工場をまた一つなくす。同社は2008年まで韓国で8カ所のLCD工場を稼働したが、その後5カ所を閉鎖または研究用に変え、3カ所だけを稼働中だ。

業界によると、サムスンディスプレイは忠清南道牙山(アサン)第7工場の1段階ラインの生産を年末に中断し、このラインをOLED(有機発光ダイオード)ラインに変える。LCD生産設備は売却を推進している。業界の関係者は「サムスンディスプレイがすでに顧客にLCDラインの生産中断計画を明らかにした」と話した。

2005年に稼働に入ったサムスンディスプレイの牙山第7工場は第7世代原板(1950ミリ×2250ミリ)基準で1ラインが月15万枚、2ラインは月17万枚を生産中だ。主に40インチテレビ用パネルとして販売される。しかし最近は中国・台湾企業が同じ価格で41-43インチ用パネルを市場に出し、需要が大幅に減った。

サムスンは中国企業の相次ぐ増産で価格が原価以下レベルに落ちたLCDパネルの代わりに、世界最高の技術力が適用された中小型OLEDパネルを集中生産する戦略を立てた。生産能力を大幅に拡充し、中小型OLEDラインへの投資を始めたLGディスプレイ、シャープ、AUOなどとの差をさらに広げる狙いだ。

またサムスンは来年登場するアイフォン用のOLEDパネルをアップルに供給する契約を年初に締結したことが分かった。2月にOLED生産ラインの牙山A3工場の増設に入ったが、需要には追いつかない。サムスンギャラクシーに続きiPhoneまでがOLEDパネルを採択することにし、スマートフォン業界全般にOLEDパネルが広がる兆しも表れている。

サムスンはほぼ毎年LCD工場を減らしている。2008年の第1工場をはじめ昨年は第5工場まで5カ所を減らし、第6工場も生産中断を検討している。第7工場まで転換が終われば、サムスンディスプレイは第8世代の大型LCDパネルを生産する工場1カ所(第8工場)だけを保有することになる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP