주요 기사 바로가기

<サッカー>「なぜKリーグにはバイエルン・ミュンヘンがないのか」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.06.28 13:29
0
「Kリーグにはなぜ『バイエルン・ミュンヘン』のようなチームがないのか」。

バイエルン・ミュンヘンは独ブンデスリーガの最高名門でありドイツサッカーの象徴だ。クラブ以上の価値を持つ。黄善洪(ファン・ソンホン)FCソウル新監督(48)の夢はまさにバイエルン・ミュンヘンだ。黄監督は「成績と内容、ファンまで、すべてが一つになってKリーグの象徴となるクラブを作りたい」という抱負を語った。

崔龍洙(チェ・ヨンス)監督(43)が江蘇蘇寧の監督に就任することを受け、FCソウルの第11代監督に選任された黄監督が27日、ソウルワールドカップ競技場で就任記者会見を行った。

この席で黄監督は自分が追求する確固たる哲学と目標を提示した。昨年浦項スティーラース監督から退いた後、ドイツで研修した経験から「Kリーグ版バイエルン・ミュンヘン」を誕生させると約束した。

黄監督は「ドイツにいながら多くのことを感じた。中でも韓国にバイエルン・ミュンヘンのような独歩的なチームがないことに疑問を感じた」とし「バイエルン・ミュンヘンは幼い子どもが憧れ、すべての選手がプレーしたいチーム、ファンに希望と夢を与えることができるチーム」と説明した。続いて「Kリーグでソウルはバイエルン・ミュンヘンのようなチームに十分になれるという気がした。それでソウルを選択した」と語った。

ひとまず黄監督はソウルが進行中のトレブル(リーグ、AFCチャンピオンズリーグ、FAカップの1シーズン同時優勝)を引き継ぐ計画だ。黄監督は「崔龍洙監督がチームをうまく作った。私のカラーを加えればより良いチームになる可能性がある。好成績も出すことができる」とし「3つの大会のうちチャンピオンズリーグ優勝が私の心の中で最も大きな部分を占めている」とアジアの頂点に向けた熱望を表した。

成績とともに内容も伴わなければいけない。浦項(ポハン)時代に追求した短くて速いパスを前に出した攻撃サッカーがソウルでも続く。黄監督は「繊細で速いサッカー、躍動的なサッカーが私の哲学」とし「ソウルでも浦項スタイルと大きくは変わらないだろう。選手と努力し、よりおもしろいサッカーを見せたい」と強調した。

ファンも考慮しなければいけない。黄監督は「FCソウルは首都圏のチーム。多くのファンがいる。ファンにはソウルにふさわしい成績と内容を見せなければいけない」とし「ファンのために水原サムスンとのスーパーマッチでも負けられない。成績が良くなければ当然ファンの批判を受けるべき」と話した。成績、内容、ファンまで、すべてつかむことができる核心の資源はやはりアドリアーノ(29)-デヤン(35)-朴主永(パク・ジュヨン、31)と続く「アデパクトリオ」だ。

黄監督は「ソウル攻撃の象徴がアデパクだ。Kリーグを代表する攻撃陣と思っている」とし「一人の選手に依存せず3人が最大限シナジー効果を出せるようにしたい。そうなればKリーグ最強になる」と自信を表した。

「Kリーグ版ミュンヘン」の開始は29日にソウルワールドカップ競技場で行われるKリーグクラシック(1部リーグ)第17節の城南(ソンナム)FC戦だ。黄監督のデビュー戦となる。黄監督は「昨日、城南の試合を見た。勝利のための腹案がある」とし「2日間練習して試合に臨む。選手たちとうまく疎通してデビュー戦で良い思い出を作りたい」と誓った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>「なぜKリーグにはバイエルン・ミュンヘンがないのか」

    2016.06.28 13:29
    뉴스 메뉴 보기
    黄善洪(ファン・ソンホン)FCソウル新監督
    TOP