주요 기사 바로가기

韓国銀行「英国国民投票の結果で市場変動性が拡大すれば安定化措置」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.24 13:38
0
韓国銀行(韓銀)は24日午前8時、EU離脱(ブリクジット、Brexit)の是非を問う英国国民投票が韓国の金融・外国為替市場に及ぼす影響を点検するために「通貨金融対策班会議」を開いた。韓銀側は「投票締め切り後、現地世論調査結果とロンドンをはじめとする国際金融市場の反応を総合的に確認し、国民投票の結果が国内の金融・為替市場に及ぼす影響を多角的に点検した」と明らかにした。

韓銀はこの日午後3時に最終結果が発表される時まで、現地の開票状況と国内・アジア主要国の金融・外国外国為替市場の状況を綿密にモニタリングする計画だ。韓銀金融市場局のキム・イング市場総括チーム長は「投票の結果によって市場の変動性が著しく拡大した場合、政府と協議して安定化措置を適時に実施する考え」と述べた。

韓銀は英国のEU離脱が現実になれば韓国経済に及ぼす影響力が大きいと見ている。李柱烈(イ・ジュヨル)韓銀総裁は22日、経済動向懇談会で「投票結果によって世界金融市場の不安が増幅されるおそれがある」として韓国経済の不確実性を高める対内外変数として▲英国のEU離脱▲米利上げ▲構造調整▲金英蘭(キム・ヨンラン)法--を挙げた。

これに先立ち韓銀は、報告書「英国のEU脱退問題の背景、可能性および影響」で「ブリクジットが発生する可能性は低いと見られるが、これを完全に排除することはできない。ブリクジットが現実化した場合、実物および金融経路を通じて英国・EU経済にはもちろん、国際金融市場にも悪影響を及ぼすだろう」と展望した。

報告書によると、対EU輸出の比重が43.7%(2015年基準)に達する英国がEUから離脱すれば輸出と投資の縮小が起きて国内総生産(GDP)が相当幅減少することになる。EUも英国に対する輸出比重(7.1%)と貿易収支黒字規模(933億ユーロ)等を考慮すると、否定的な影響を受ける。

特に、金融・外国為替市場に及ぼす影響力が大きくなる展望だ。韓銀調査局先進経済チームのイ・ジェホ課長は「ブリクジットが発生すれば成長率の下落により資産価格が低下して英国金融市場の変動性が拡大するだろう」としながら「国際金融取引に占める英国の比重を考慮すると、英国金融市場の衝撃は欧州および国際金融市場の不安要因として作用するおそれがある」と述べた。

英国は全世界の金利派生商品取引の50%、外国為替市場取引の40%を占めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP