주요 기사 바로가기

カーター米国防長官、韓米ミサイル防衛強調…THAAD急流に乗るか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.24 13:22
0
北朝鮮がムスダンミサイル発射の成功を主張すると、米国がアジア・太平洋地域の友好国防衛のための戦略強化を強調した。ただちに高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の在韓米軍配備の議論が早まるだろうという予想が出てきている。

22日(現地時間)、米軍機関紙の星条旗新聞(Stars and Stripes)によればアシュトン・カーター米国防長官は北朝鮮ミサイル発射の成功の有無を尋ねる記者たちの質問に「以前の試験では飛行時間が短かったが今回ははるかに長い時間飛行した」と評価した。

それと共に「友邦である韓国と韓半島(朝鮮半島)駐留米軍の保護だけでなく、日本とアメリカ領土を守るには北朝鮮の脅威にあらかじめ備えることが必要だ」としながらミサイル防衛体系の強化の必要性に言及した。

それだけ米国も今回のムスダンミサイル発射が持つ意味を小さく見ていないという意だ。韓国と日本はもちろん北東アジア防衛のための支援基地であるグアムまで北朝鮮の直接的な威嚇にさらされているためだ。

それで韓国が独自のミサイル防衛(KAMD)体系の構築を強調してはいるが、どんなやり方でも韓米日3カ国のミサイル防衛(MD)体系の共助は一層緊密にするものと専門家たちは分析している。

国民大学政治大学院のパク・フィラク院長は「北朝鮮のミサイル能力が向上するほどにTHAAD配備の必要性はますます大きくなる」としながら「THAADに関して中国を意識した韓国の外交戦略もある程度の修正が避けられないだろう」と話した。

日本の毎日新聞も23日「防衛省が米国との新型迎撃ミサイル共同開発を急ぐなど両国がMD能力を強化するだろう」などと報道した。

このような「強vs強」対決の局面は12月の米大統領選挙が終わるまで続くだろうという見通しが優勢だ。朴槿恵(パク・クネ)大統領も23日「現在の(対北朝鮮強硬)局面が短期間に転換するのは難しいものとみられる」と明らかにしたのに続き、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官もこの日、原子力供給国グループ(NSG)ソウル総会の特別演説で「北朝鮮が不拡散体制に対する挑戦を持続する限り、耐えることのできない代価を払うことになるだろう」と警告した。結局、北朝鮮のムスダンミサイル発射によって「当分は北朝鮮との関係改善は難しい」〔キム・クンシク慶南(キョンナム)大政治外交学教授〕という結論に至ることになった状況だ。

中国の悩みも深くなるものと思われる。北東アジア平和協力研究院の全賢俊(チョン・ヒョンジュン)院長は「朝中関係もさらに冷え込む可能性が高い」と話した。一部の専門家たちはムスダンミサイル発射を金正恩(キム・ジョンウン)式の「対話圧迫」とも解説した。

延世(ヨンセ)大学の文正仁(ムン・ジョンイン)教授(政治外交学)は「金正恩委員長にとって挑発は、米国と対話をしたいというメッセージを伝えるための別の方法」としながら「やり方が間違ってはいるが、オバマ政権もメッセージを見ずにノイズだけをキャッチしてきた」と指摘した。

だが韓半島未来フォーラムの千英宇(チョン・ヨンウ)理事長は「北朝鮮の最近の動きを見れば、国際社会の制裁を甘受してでも核とミサイル開発を終わらせるという意図が明確だ」としながら「現時点で対北朝鮮制裁を弱化させて対話を試みるのはかえって時間をかけるだけ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP