주요 기사 바로가기

韓国KEI研究センター長、「天皇陛下万歳」三唱議論…真相調査に着手

ⓒ 中央日報日本語版2016.06.24 13:12
0
韓国環境政策・評価研究院(KEI)が、国務総理室傘下の政府外郭研究機関の高位責任者が公式行事の会場で「天皇陛下万歳」を三唱したという議論に関して調査に着手したと23日明らかにした。

これに先立ちこの日、韓国のあるメディアはKEIのイ・ジョンホ国家気候変化適応センター長が最近、世宗(セジョン)市でKEI主催で開かれた環境問題関連ワークショップで自ら親日派だと明らかにした後「天皇陛下万歳」を三唱したと報道した。

報道によればこのセンター長が「天皇陛下万歳」発言と共に「祖父が日帝時代に東洋拓殖株式会社の幹部役員だった」などの発言もしたという。

KEIは23日、最初の説明資料で「イセンター長は世宗市で開かれたワークショップやセミナー、シンポジウム、討論会などに参加したこともなく、該当の発言をどこでもしていなかった」と反論した。だがイセンター長がメディアのインタビューを通じて「冗談で言ったこと」と明らかにした事実が伝わり議論が大きくなるとすぐに真相調査を始めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP