주요 기사 바로가기

韓国銀行、お金を刷るのに慎重であるべき理由(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.06.13 09:04
0
1919年6月29日、フランス・ベルサイユ宮殿、第1次世界大戦を終わらせる最も重要な条約が締結される。それが主要敗戦国ドイツに対する処理を決めたベルサイユ条約だ。第1次世界大戦は人類の歴史上最も大きい戦争のひとつで、4年3カ月以上にわたり戦争が続き1600万人を超える人々が死んだ。ドイツは戦争を起こした国として最も重い責任を負うところだった。

ベルサイユ条約の内容を決めるのに最も強硬な立場を見せた国は戦勝国の中でもフランスだった。フランスはドイツと直接国境を接しており戦争の被害が大きかったが、隣国であるためドイツに積もった恨みが多かった。当時からわずか50年前にプロイセン(現在のドイツ)との戦争でパリまで陥落する惨敗にあったこともあった。フランスは条約を通じ徹底して復讐すると同時に、隣国であるためにより危険なドイツが再起不能状態に陥ることを望んだ。

こうした背景から決定された条約の内容はドイツの立場では厳しいものにならざるを得なかった。ドイツは領土が減り軍隊の規模も縮小するだけでなく、戦勝国が受けた被害に対する賠償もすることになっていた。しかし受け入れなければ戦争を再開するという連合国側の最後通告にドイツも屈服することになる。そうしてまとめられた条約の署名場所はベルサイユ宮殿の「鏡の間」だった。長さ73メートル、幅10.5メートル、高さ12.3メートルの雄壮な規模に壁面が鏡で装飾され華麗なことこの上ない空間だ。かつては宴会が絶えなく開かれていたここで1000人を超える各国外交官と記者らが見守る中、2人のドイツ大使は条約に署名した。ドイツ大使が署名する時には息の音ひとつ聞こえなかったという。

ベルサイユ条約交渉に参加した英国の代表団にはケインズという人物が含まれていた。ケインズは現代マクロ経済学の創始者に挙げられ、後にケインズ学派まで形成された有名な経済学者だ。当時ケインズはベルサイユ条約の内容のうち、特に戦争賠償金に関し強く反対した。ドイツが支払わなければならない賠償金は1921年当時500億マルクで、現在の物価と為替相場で200兆ウォン(約18兆円)に達する金額だった。分割納付する形式だったが、ケインズはこうした負担はドイツ経済の生産能力を超えるもののため究極的には世界経済に悪影響を及ぼすだろうと警告した。

事実戦争賠償金でなくてもドイツ財政は深刻な状態だった。第1次世界大戦が始まった当時、戦争に必要な資金を調達するためにフランスが所得税を徴収し始めたのと違いドイツは金を借りた。ドイツの計算は勝って資源が豊富な側に領土を広げて戦争賠償金を受け取るというものだったが、戦争に負けてしまったのだ。敗戦国ドイツがすぐに負債を返しながら戦争賠償金を支払う方法はひとつしかなかった。お金を印刷することだ。(中央SUNDAY第483号)
韓国銀行、お金を刷るのに慎重であるべき理由(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP