주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】朴大統領が満州に行かなければいけない理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.11 13:51
0
「1950年6月25日未明、分断した韓半島(朝鮮半島)に戦争が始まった。翌日、米軍が公開参戦する。韓半島の内戦は国際戦争に拡大した。6月27日、米国のトルーマン大統領は第7艦隊の台湾海峡進撃を命令した。武力で中国統一を防いだ。8月に米軍の戦闘機が中国領空に侵入した。無差別爆撃で軍事示威を行った」。

中国ドラマ『三八線』第1話の導入部のナレーションだ。先月28日に全国放送が始まった。今週は視聴率3位に入った。中国の習近平国家主席は2010年、「抗米援朝(米国に対抗して北朝鮮を支援した)戦争は正しい戦争」と述べた。中国の新世代は『三八線』を見て同じ考えをしている。

旧満州だった中国の東北3省、遼寧・吉林・黒竜江は共和国の「長子」と呼ばれた。毛沢東主席は46年、新中国の首都にハルビンを考えた。東北は中国にとってそれほど重要なところだ。

6年前の8月、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が東北を訪問した。過去の満州原野の吉林・長春・ハルビン・琿春と続く旅程だった。金正日は金正恩(キム・ジョンウン)現労働党委員長を同行させ、胡錦濤主席のほか、複数の常務委員とあいさつを交わしたという説が広まった。習主席は2008年6月、国家副主席として初の海外訪問国に北朝鮮を選択した。2011年末に金正日が死亡し、金正恩の執権ドラマが始まった。金正恩は習主席の政府構成を目前に3回目の核実験を強行した。親中派の張成沢(チャン・ソンテク)を粛清した。親北人脈に分類された周永康元常務委員は逮捕、収監された。また反転だ。先週の習近平主席-李洙ヨン(イ・スヨン)朝鮮労働党副委員長の会談が信号だ。非核化と安定を同時に狙った中国版「並進政策」だ。

対策は満州にある。瀋陽は丙子胡乱の後、昭顕世子が『瀋陽状啓』を記録したところだ。ハルビンは安重根(アン・ジュングン)義士の義挙現場だ。韓民族と縁が深い。

満州は機会の地だ。「共和国の長子」は換骨奪胎中だ。習主席の側近である李希遼寧省党書記が鉄鋼・造船構造改革を主導している。次世代の大物、陸昊・黒龍江省長もいる。韓国が彼らと東北リノベーションを議論する機会だ。

9月4-5日に主要20 カ国・地域(G20)首脳会議が杭州で開かれる。朴槿恵(パク・クネ)大統領はG20の主役だ。会議を終えた後、空軍1号機の機首を北北東に向けよう。丹東の鴨緑江(アムノッカン)桟橋もよく、瀋陽故宮もよい。『ソバの花咲く頃』の作家・李孝石(イ・ヒョソク)が散歩したハルビン中央大街や工事中ではあるがハルビン駅舎もよい。白頭山(ペクドゥサン)延辺で同胞・漢人祭りも、尹東柱(ユン・ドンジュ)の北間島(ブッカンド)もよい。

米国の大統領は訪韓すれば非武装地帯(DMZ)を訪問する。写真1枚のためだ。韓中国交正常化から24年が流れた。まだ満州を訪問した現職大統領はいない。満州発の朴大統領の写真が必要な時だ。海外メディアを通じて広まる写真1枚がどの対北朝鮮制裁よりも強力であるからだ。

シン・ギョンジン北京特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP