주요 기사 바로가기

「韓国、為替政策の透明性高めるべき」…「市場介入していない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.04 10:00
0
3日に行われた韓米財務相会談で最大の争点は為替レートだった。ルー米財務長官の何気ない「圧力」と柳一鎬(ユ・イルホ)副首相兼企画財政部長官の「反論」が交わされた。ルー長官は贈り物もした。韓国の対イラン貿易拡大の最大の障害物だった決済問題の解決に米国が協力するという意思を表した。双方の利害が一致した対北朝鮮制裁では「緊密な連携」を再確認した。

双方が対面したのは、4月末に米財務省が議会に提出した為替報告書で韓国を「監視対象国」に指定して以来初めて。米国側は為替報告書で韓国の経常収支と対米貿易黒字が大きいという点を指摘し、為替政策の透明性を高めるべきだと要求した。会談の後、柳副首相は「為替レートは市場が決め、急激な変動でなければ介入しないという立場を説明した」と伝えた。続いて「米国側も『理解する』と言いながら、そのようにすれば『一方的で反復的な介入』ではないと話した」と明らかにした。リッパート駐韓米国大使が公開的に要求した規制改革、法律市場開放などの問題も議論された。柳副首相は「規制緩和については必要なことは協力しようと話した」と説明した。

韓国側の懸案であるイランとの決済問題では突破口が開かれる兆しだ。米国はイランを相手にした経済制裁は解除したが、ドル取引は依然として禁止している。韓国は貿易拡大のためにユーロ決済制度を導入しようとするが、韓国ウォンとユーロを直接取引できる市場がないため、中間にドルとの両替が避けられない。これを理解してほしいという要求に対し、ルー長官は「韓国企業に問題となる点を十分に理解し、早期に解決策を見いだせるものと期待する」と述べた。

対北朝鮮制裁での連携も扱われた。ルー長官は冒頭の発言で「米国と韓国は、北朝鮮が国際金融システムに接近し、これを悪用するのに活用する手段と方法を把握するのに協力を続けていく」と明らかにした。これに対し柳副首相は「米国の対北制裁政策を積極的に支持する」と述べた。

ルー長官はこの日午前、韓国銀行(韓銀)を非公開訪問し、李柱烈(イ・ジュヨル)総裁とも1時間ほど会った。韓銀は企画財政部とともに「為替当局」の軸をなす。一部では、為替問題とともに韓米通貨スワップ再開の議論もあったのではという推測も出ている。韓銀の関係者は「米国側の要請で対話内容は公開しないことにした」と述べた。

訪韓日程を終えたルー長官は米中戦略経済対話が行われる中国へ向かう。対北朝鮮制裁問題とともに為替・通商問題をめぐって両国の葛藤が深まり、主要2カ国(G2)の一戦が予告されている状態だ。

ルー長官が韓国を訪問した2、3日、韓国ウォンは米ドルに対して2日連続で値上がりした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国、為替政策の透明性高めるべき」…「市場介入していない」

    2016.06.04 10:00
    뉴스 메뉴 보기
    韓米財務相会談が3日、政府ソウル庁舎で行われた。柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政部長官(左側)とルー米国財務長官が握手している。
    TOP