주요 기사 바로가기

米国財務長官、韓国銀行総裁と非公式会合…為替問題を議論?

ⓒ 中央日報日本語版2016.06.03 14:00
0
韓国を訪問中のジェイコブ・ルー米財務長官が3日午前、韓国銀行を訪問したことが伝えられた。

3日午前、ルー長官とマーク・リッパート駐韓米国大使は、ソウル南大門路(ナムデムンロ)にある韓国銀行本社を訪れ、李柱烈(イ・ジュヨル)総裁と非公式会談を行った。

会談内容については明らかにされていないが、ことし4月に米国が韓国を為替操作「観察対象国」に分類した情況上、為替問題などが議題に上がったものと予想される。また、韓米通貨スワップ再開などについても協議した可能性がある。

一方、3日午後にはソウル政府総合庁舎で韓米財務長官会議が開かれる。為替や通商、対北朝鮮制裁などのテーマで話し合いが行われるものとみられている。会議を控えて米国の韓国に対する通商圧力が強まり、ルー長官がどのような立場を明らかにするのか注目されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP