주요 기사 바로가기

回復していた韓国の産業生産、3カ月ぶりに下落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.01 09:36
0
韓国の産業景気が3カ月ぶりに鈍化した。輸出不振に自動車と船舶の生産が減少したためだ。消費も再び冷え込んだ。

統計庁が31日に発表した「産業活動動向」によると、4月の全産業生産指数は110.9で前月と比べ0.8%下落した。1月のマイナス1.4%から2月に0.7%、3月に0.7%に回復の兆しを見せていた産業生産は4月に入り下落傾向に転じた。産業生産指数は2010年を基準値の100として景気の騰落を示す指標だ。産業景気回復の流れが途切れたのは製造業中心の鉱工業生産が4月に1.3%減ったためだ。3月のマイナス1.3%に続き2カ月連続で減少傾向を見せた。

統計庁のキム・グァンソプ経済統計局長は「輸出減少で自動車の生産が減り船舶業も振るわない姿を見せている」と理由を説明した。4月のサービス業生産は1カ月前より0.5%に増えたが産業景気全体を引き上げるには力不足だった。キム局長は「今年の景気は上高下底(上半期に景気が良く下半期に悪くなる)になる可能性が大きい」と予想した。

国会予算政策処も下落する景気の流れを反映して経済成長見通しを下方修正した。予算政策処はこの日発表した「修正経済見通し」で今年の国内総生産(GDP)成長率予想値を昨年提示した3.0%から2.5%に0.5ポイント引き下げた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP