주요 기사 바로가기

グーグル、ロボット開発子会社をトヨタに売る理由は?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.05.30 14:08
0
自動車メーカーである日本のトヨタが、米国グーグルのロボット開発の子会社「ボストン・ダイナミクス」を買収するものとみられる。

28日(現地時間)テックインサイダー・ビジネスインサイダーなど海外情報技術(IT)メディアは、トヨタのシリコンバレー研究所である「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)」とグーグルの持株会社であるアルファベットの間でのボストン・ダイナミクスの売却交渉が仕上げ段階にきたと報道した。TRIはトヨタが自律走行車とAI・ロボティックス(ロボット工学)などを研究するために今年初め米国シリコンバレーのパロアルトに設立した研究所だ。トヨタが2足・4足歩行ロボットを多数開発したボストン・ダイナミクスを手に入れた場合、トヨタの自律走行車・ロボット・人工知能(AI)研究開発に弾みがつく見通しだ。

テックインサイダーは「グーグルとTRIの契約が『ほぼ成功段階(the ink is nearly dry)』に達したと思われる」と報道した。ボストン・ダイナミクスの売却説は3月にブルームバーグ通信を通じて知らされた。2013年にグーグルが100%子会社としてこの会社を買収してから3年だ。外信を総合するとボストン・ダイナミクスとグーグルのシナジーは大きくなかったものとみられる。「アンドロイド」の共同創業者だったグーグルのアンディ・ルービン副社長がボストン・ダイナミクスを率いて2014年にグーグルを離れる中で摩擦が激しくなったという。

特にロボットに対し期待するところが違っていた。ボストン・ダイナミクスは厳しい野外環境でも人間よりうまく走って持ちこたえる機動性とスピードのあるロボットを主に開発していた。100メートルの陸上チャンピオンであるウサイン・ボルトよりも速く走るロボット「チーター」、人が足でけっても倒れないバランス感覚を誇るロボット「ビッグドッグ」のような4足(足が4本)ロボットはもちろん、人間のように2足歩行をする「アトラス」などが代表的だ。
グーグル、ロボット開発子会社をトヨタに売る理由は?(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    グーグル、ロボット開発子会社をトヨタに売る理由は?(1)

    2016.05.30 14:08
    뉴스 메뉴 보기
    ビッグドッグの初期モデルである巨大な4足ロボット「LS3」。(写真=ボストン・ダイナミクス)
    TOP