주요 기사 바로가기

北朝鮮の深夜の臨津江放流で韓国住民ら被害

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.05.18 17:18
0
北朝鮮が臨津江(イムジンガン)上流で深夜に予告なしに無断放流をしたために、臨津江下流の京畿道坡州(キョンギド・パジュ)一帯の住民たちが時ならぬ水騒動の被害をこうむった。

17日、韓国水資源公社の臨津江建設団や坡州市などによれば16日午後7時から北朝鮮側の上流から韓国側にある京畿道漣川郡中面(キョンギド・ヨンチョングン・チュンミョン)の民間人統制ライン近くの臨津江郡南(グンナム)ダム(総貯水量7100万トン)に流入する水量が急激に増え始めた。午後6時に1秒あたり97トンだった流入量が午後9時には428トンに増えた。わずか3時間で流入量が4倍以上も急増した。17日午前4時には最高値の515トンまで増えた。16~17日に坡州・漣川一帯の臨津江流域には雨がほとんど降らなかったのに疑問の大量放流が起きたのだ。

郡南ダムを管理する臨津江事業団のキム・ジェファン運用チーム長は「臨津江の上流にある北朝鮮地域の黄江(ファンガン)ダム(総貯水量3億5000万トン)など民間人統制ライン近くの北朝鮮側からの無断放流によって水が急激に流入したものとみられる」と話した。これに関連してある軍事専門家は「北朝鮮側が挑発の一形態として水攻めの効果をテストして韓国の備え態勢を推量するために無断放流の挑発を図った可能性がある」と分析した。実際に郡南ダムが造成中だった2009年9月6日にも北側からの無断放流で郡南ダムの下流で水騒動が発生し、野営客らをはじめ計6人が亡くなった。

北朝鮮側からの放流量が急増すると、郡南ダム側は水位調節のためこの日午前1時から1秒あたりの放流量を流入量と似たような規模へと急激に増やした。16日午後7時に116トンを放流したが、翌日午前1時からは427トンに大きく増やした。

これによって臨津江下流の坡州一帯の漁師たちは、網がほとんど流されたり破れたりする財産被害を受けた。

チャン・ソクジン坡州漁村契長(53)は「突然の水騒動で漁師100人余りが漁具の損失によって数億ウォンの被害を受け、1年の漁獲高の70~80%を占めるメフグやシラスの操業被害額は今後数十億ウォンに増える見通し」と話した。

現地の漁師たちは「北朝鮮のダムの無断放流に備えて作った韓国側の郡南ダムに水を貯めておく方法などでしっかり対応すべきだったのに、それができずに言われのない漁師たちが被害を受けた」として対策を促した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP