주요 기사 바로가기

OECD、韓国の経済成長率をまた下方修正

ⓒ 中央日報日本語版2016.05.16 15:10
0
経済開発協力機構(OECD)が2016年の韓国経済成長率予測値を3.1%から2.7%に引き下げた。OECDが16日に発表した「2016年韓国経済報告書」によると、今年の韓国のGDP成長率予測値は2.7%と、昨年11月の予測値(3.1%)より0.4%低い。また、2017年の韓国経済成長率予測値は3.0%と予測した。

韓国経済が悪化している要因には中国の成長減速と新興国の不振による輸出回復の遅れ、国際金融市場の不安定、家計の負債増加などが挙げられた。OECDは「韓国は最近、高齢化、生産性の停滞、輸出不振などの問題に直面している」と評価した。

OECDは韓国の経済成長に向けた政府の財政政策を勧告した。また、長期的に公共部門の効率性を高め、中期計画を遵守するなど、財政健全性確保の努力を併行する必要があるという見方を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP