주요 기사 바로가기

映画『哭声』、観客動員200万突破…5月公開の歴代韓国映画で最短

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.05.16 11:11
0
映画『哭声』が公式公開4日で観客動員200万人を突破した。

映画館入場券統合電算網によると、『哭声』は15日午後2時現在で200万の観客を動員した。観客動員100万人突破からわずか一日のことで、公式公開4日目、前夜公開5日目の記録となる。

これは公開10日目で200万人を突破して5月公開の韓国映画で最高の興行速度を記録したポン・ジュノ監督の映画『母なる証明』(301万3523人)と比べても5日はやい。また、1000万観客を突破した『国際市場で逢いましょう』(1425万7115人)、『王になった男』(1231万9542人)が公開8日目、『7番房の奇跡』(1281万1206人)、『弁護人』(1137万4610人)が公開6日目、最近公開された映画『インサイダーズ/内部者たち』(706万9848人)が公開7日目でそれぞれ200万突破を達成したが、それよりを上回るはやさだ。

ここにナ・ホンジン監督による『チェイサー』(507万1619人)の公開14日目200万突破を塗り替える興行の勢いを見せていることはもちろん、『哀しき獣』最終観客数である216万7426人を超えることが予想される。

『哭声』は外部の人が現れてから始まった謎の事件と奇異なうわさの中で奇妙に絡まる人々を描いた映画だ。強烈なビジュアルと生き生きとしたキャラクター、俳優の神がかったような熱演が緊張感を生み、観客の好評を得ている。

200万観客の突破に合わせて、ナ・ホンジン監督とクァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、チョン・ウヒなどが舞台挨拶の途中に観客と認証ショットを撮影するなど喜びを分かち合った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    映画『哭声』、観客動員200万突破…5月公開の歴代韓国映画で最短

    2016.05.16 11:11
    뉴스 메뉴 보기
    映画『哭声』の主演ファン・ジョンミン
    TOP