주요 기사 바로가기

平昌オリンピック組織委員長が辞任…韓国海運業の危機が影響?

ⓒ 中央日報日本語版2016.05.03 14:01
0
2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)組織委員長を務めていた趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進(ハンジン)グループ会長が3日、電撃辞任したことが分かった。最近、韓進海運が流動性危機に直面したことで、趙会長が辞任を決心をしたとみられる。

韓国聯合ニュースは3日、韓国政府関係者を引用して「趙亮鎬委員長が一身上の都合で委員長職を辞任することを決めた」とし「後任者はまだ決まっていない」と明らかにした。

また、韓国の放送局SBS(ソウル放送)も3日、組織委員会の高位関係者を引用して「趙亮鎬委員長が、最近、グループの経営悪化で辞任を決心した。企業業務と平昌五輪業務という2つの仕事を同時にこなすことができない現実を鑑みてやむを得ず退くことに決めた」と伝えた。

2014年7月から平昌オリンピック組織委員長を務め、平昌オリンピックの成功的な開催のために努力してきた趙会長が退くことによって、残り2年を切った平昌冬季五輪の準備に大きな支障が出ないか懸念されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    平昌オリンピック組織委員長が辞任…韓国海運業の危機が影響?

    2016.05.03 14:01
    뉴스 메뉴 보기
    最近、韓進海運が流動性危機に直面したことを受け、趙亮鎬・韓進グループ会長が平昌オリンピック組織委員長を辞任した。
    TOP