주요 기사 바로가기

朴大統領がイラン訪問、過去最大規模の経済使節団が同行

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.05.01 12:04
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が1日午前、イラン訪問に出発した。韓国大統領のイラン訪問は1962年の両国修交以降で初めてだ。

イランの核放棄宣言により1月に西側の経済制裁が解除され、各国政府とグローバル企業の“イランラッシュ”が本格化している。イランが「中東最後のブルーオーシャン」と呼ばれる理由だ。朴大統領はイラン訪問を通じイランとの経済協力を増進させ、市場を先取りするのにウェイトを置いている。

イランのタイエブニア経済財務相も中央SUNDAYとのインタビューで「イランの経済発展プログラムに150億ドル規模の韓国資本を調達できると期待する。朴大統領の訪問はこうした協議をまとめる機会になるだろう」と期待を示した。タイエブニア氏はまた、「韓国は経済規模も大きく技術力も高い上に相当水準の資金力もある。石油とガス、石油化学、自動車、家電、造船、保健医療などが有益な協力分野だ」と話した。

イランは原油埋蔵量世界4位、天然ガス埋蔵量世界1位の豊富な資源を保有している。アジア・中東・欧州をつなぐ地政学的要衝地でもある。イランは経済制裁が解除され年8%の成長を目標に経済開発総合計画をまとめ施行に力を入れている。特にエネルギーや交通などのインフラ投資と、石油精製や鉄鋼など産業基盤の拡充に乗り出している。タイエブニア氏は「イランの自動車産業は注目するほどの能力を備えている。韓国とイラン企業の合弁が主要発展分野のひとつになれるだろう」と関心を表明した。

韓国政府は朴大統領が昨年訪問したサウジアラビア、カタール、アラブ首長国連邦、クウェートとともに、イランを「第2の中東ブーム」の新しい軸にするという戦略を整えてきた。青瓦台関係者は「イランがポストオイル時代に備え産業多角化を図る過程のため、技術、サービス、文化などに対する協力需要が相当あるだろう」と話した。

朴大統領の今回の歴訪には236人の経済使節団が同行する。昨年10月の訪米時に同行した使節団166人を超える規模だ。許昌秀(ホ・チャンス)全経連会長、崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長、権五俊(クォン・オジュン)ポスコ会長、黄昌圭(ファン・チャンギュ)KT会長、具滋烈(ク・ジャヨル)LSグループ会長など、大企業オーナーや最高経営責任者(CEO)が同行する。

一方、朴大統領は2日にロウハニ大統領との首脳会談に続き、イランの最高指導者であるハメネイ師とも面談する。朴大統領の今回の訪問は非ムスリム女性首脳の初めての訪問で、イランでの関心も大きいという。韓国外国語大学国際地域大学院のソ・ジョンミン教授は、「これまで石油部門にだけ限定された中東国との協力を水力発電、農業、製造業などに拡大・多角化する契機になるだろう。北朝鮮と協力関係だったイランと核問題を議論することだけでも北朝鮮の核開発に対する名分を弱化させる圧迫カードにできる」と説明した。

朴大統領は4日午前に帰国する。(中央SUNDAY第477号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP