주요 기사 바로가기

北、ムスダンミサイルまた失敗…発射直後に空中爆発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.28 17:40
0
北朝鮮が28日午前6時40分ごろ、江原道元山(カンウォンド・ウォンサン)付近からムスダンと推定される中距離ミサイル(IRBM)を発射したが、直後に空中で爆発したと軍関係者が伝えた。

この関係者は「韓米情報当局がきょう(28日)朝、未詳の発射体が元山付近から発射された兆候を確認した」とし「しかし、発射直後の数秒内に墜落したと推定され、発射に失敗したとみられる」と述べた。

北朝鮮は今月15日にも同じような地域からムスダンミサイルを発射したが空中で爆発した。韓国国防部当局者は、「前回失敗した後に十分補完を行って発射したものと判断されるが、短期間に無理に再発射を試みたものの失敗したと推定される」とし「金正恩(キム・ジョンウン)が先月15日に核実験と多様なミサイルをやれと命じた指示を履行しようとして問題が繰り返されているようだ」と説明した。

来月6日の党大会を控えた状況で、金正恩が多様なミサイルと核実験をやるようと命じた指示を履行しようとしているが、一回失敗したあとに十分補完しないままで次を急いだため事故が繰り返されているということだ。

射程距離3500キロ前後のムスダンミサイルは北朝鮮がグアムなどを攻撃するために開発したが、発射試験をせずに2007年に実戦配備した。ムスダンミサイルはUDMH(非対称ジメチルヒドラジ)を燃料とし、N2O4(四酸化二窒素)を酸化剤として使っている。

だが、この2つは不十分な管理などで接触した場合に自然発火するだけでなく、毒性が非常に強いため管理が難しい。このため、北朝鮮が一度も撃ったことのないムスダンミサイルで武力示威をしようとして事故を起こしたのではないかみられている。

特に、2週をおいて相次いで発射が失敗したため、これを管理している金洛兼(キム・ラクギョム)戦略ロケット司令官などに対する問責は避けられないのではないかとの指摘もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP