주요 기사 바로가기

仁川空港駅~ソウル駅運行の空港鉄道、正しく知って利用しよう

ⓒ 中央日報日本語版2016.04.27 13:43
0
日本の大型連休であるゴールデンウイーク(GW)を目前に韓国観光を計画する人が多い。最近は団体よりも個人で旅行するFIT(Foreign Independent Tour)旅行客が増加しているが、このように旅行先でガイドなしで旅行する場合、深く考慮する要素のひとつが「交通」だ。

旅行客が訪韓したときに主としてソウルを訪れるのは、主な観光地が地下鉄やバスなどの公共交通でうまく連結されていてアクセスしやすいためだ。ソウル駅~仁川(インチョン)空港駅を運行する空港鉄道「AREX」は、都心から空港に向かう時、または入国して都心に向かう時に好まれる代表的な交通手段のひとつだ。

韓国唯一の空港鉄道であるAREXは一般地下鉄とは異なり、いくつか違いがある。AREXは12駅全駅停車する一般列車(all stop train)とソウル駅~仁川空港駅をノンストップで運行する直通列車(express train)の2種類を運行している。

一般列車は内部が一般地下鉄と同じで運賃も似ている。ソウル駅~仁川空港駅は所要時間が58分で運賃は4150ウォン(約403円、交通カード基準)。半面、直通列車(express train)は個別に指定座席があり立席がない。列車内では乗務員が案内サービスを提供し、トイレも完備されている。ソウル駅~仁川空港駅の所要時間はノンストップ43分で運賃は8000ウォンだ。

AREXはソウル駅に都心空港ターミナルも備えている。このため仁川空港を通じて出国する場合、航空会社(大韓航空、アシアナ航空、済州航空、中国南方航空)の搭乗手続きと出国審査サービスを受けることができる。ソウル駅で出国手続きを済ませれば、仁川空港よりもスピーディーに10分余りですべての手続きを終えることができる。ただし、ソウル駅出国手続きは直通列車の利用客に限り提供されるサービスだ。

空港鉄道では、今回のGWを迎え、4月29日から5月8日までソウル駅都心空港ターミナルで出国手続を済ませた日本人旅行客に記念品(ハンカチ)進呈イベントを行う。該当利用客はパスポートなど国籍が確認できる身分証を都心空港ターミナル航空会社搭乗カウンターに提示すれば記念品を受け取ることができる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    仁川空港駅~ソウル駅運行の空港鉄道、正しく知って利用しよう

    2016.04.27 13:43
    뉴스 메뉴 보기
    都心空港ターミナル
    TOP