주요 기사 바로가기

NYの韓国人売春、韓米警察が初の合同検挙作戦(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.20 13:58
0
13日午前6時頃(現地時間)、米国ニューヨーク州とニュージャージー州一帯の売春業者に対する抜き打ちの取り締まりが始まった。韓国と米国の警察が協力した初めての合同検挙作戦だった。米国からは国土安保捜査局・外交安全局など3つの機関所属の警察官250人が、韓国からはソウル警察庁国際犯罪捜査隊所属のイ・スジン警査ら3人が参加して合同取り締まり班を設けた。

合同取り締まり班は、売春業者や斡旋会社の事務所など12カ所を同時に捜索した。第1次的に米国の警察が現場に入って売春事業主と売春女性、斡旋会社の関係者を逮捕し、韓国の警察は現場支援や証拠資料の捜索に注力した。韓国人の売春業者という特性上、事業主の大部分が韓国人や米国国籍の韓国人で、売春帳簿や記録などすべての証拠資料がハングルで作成されていたからだ。

現場で確認した売春業者はほとんどが「マッサージセンター」の看板を掲げていたり、一般住宅と変わらない様子だったりした。内部にはベッドが置かれた小さな部屋が並んでいた。

韓国の警察が確認した帳簿には、売春の日時や名前、携帯電話の番号、特異事項などがぎっしりと記されていた。現場捜査官として派遣された国際犯罪捜査隊のイ・スジン警査は「事業主は買春した男性たちについての記録を共有して規模を大きくしていたことが分かった」と話した。

警察が抜き打ち捜査をした売春業者には韓国国籍の20~30代の女性たちが雇用されていた。90日間ビザなしで滞在できる「電子渡航認証システム(ESTA)」を活用して米国に入国した後、出稼ぎ売春を行っていた韓国人女性たちだった。売春を代価として稼ぐ収入は1回あたり200ドル(約23万ウォン)前後だった。事業主は韓国人女性たちが働いているという点を広報するために「Asian dream girl(アジアンドリームガール)」「Asian flower(アジアンフラワー)」などの文面をインターネットに載せて男性たちを集めた。
NYの韓国人売春、韓米警察が初の合同検挙作戦(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    NYの韓国人売春、韓米警察が初の合同検挙作戦(1)

    2016.04.20 13:58
    뉴스 메뉴 보기
    米国ニューヨーク市で13日(現地時間)、スパ施設に偽装した韓国人売春業者の摘発に乗り出した韓米合同取り締まり班。事業主と従業員、韓国人売春女性ら11人が現場で摘発された。
    TOP